リアルグローブ 株式会社ミラテクドローンが展開する「ドローンによる水管橋点検サービス」にHec-Eyeを導入頂きました

株式会社リアルグローブ(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:大畑 貴弘、以下 リアルグローブ)は、株式会社ミラテクドローン(本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐々木 康之、以下、ミラテクドローン)が2021年10月18日より展開する「ドローンによる水管橋点検サービス」にHec-Eyeを導入頂いております。

【導入経緯:ミラテクドローン社より引用】

日本では、1960 年~1970 年頃にかけて整備された水道施設が老朽化を迎えており、最近では、年間 2 万件を超える漏水・破損事故が発生しています。
特に、法定耐用年数(40 年)を超えている水道管の割合は 17.6%で、今後、さらに増加することが必至の状況です。
(出典:平成 30 年度水道統計)加えて、ミラテクドローンでは、2021 年 10 月 3 日に発生した和歌山市における水管橋の一部が破損、落下する事故を受け、今後、国内に多数存在する同様の水管橋の点検が急務と考え、サービス提供体制を整え、本サービスの提供開始に至りました。

ミラテクドローンでは、2020 年 2 月に堺市上下水道局、また、それ以前にも複数の自治体の水道局が参加して、ドローンを用いた水管橋点検の実証実験を実施しています。その結果をもとに、管外面の亀裂や塗装の剥がれ、錆の状況、橋梁のコンクリートのひび割れ等を的確に把握できることが実証されており、実用化を進めてきました。これにより、これまで、川岸から肉眼で行ってきた水管橋の点検を、ドローンに搭載したカメラから、近接で詳細に撮影・記録することが可能となります。

「Hec-Eye」の機能を活用することにより、リアルタイムで配信されるドローンからの映像を、水管橋や橋梁の劣化診断の専門家が、事務所等の遠隔地から診断するとともに、発見した劣化が疑われる部分については、必要に応じて高精細な画像を様々な角度から撮影し、その場所を地図上に登録、閲覧することが可能です。

<本件に関するお問合せ窓口>
株式会社リアルグローブ
■担当  :大谷
■電話  :03-6380-9372
■メール :pr@realglobe.jp

【Hec-Eye について】

「Hec-Eye」はリアルグローブが、一般社団法人EDAC監修のもと開発した、ドローン等からの取得情報を地図上に集約し共有するプラットフォームで、総務省の「平成27年度補正予算IoTサービス創出支援事業」の採択案件を通じて構築されたリファレンスモデル(成果物)を核として開発されたサービスです。救急医療・災害対応分野での活動支援や業務効率化を目的として開発され、現在は鳥獣害対策や観光分野等も含めたより広い分野で活用されています。

「Best of Japan Drone Award 2019」では、ソフトウェア部門の最優秀賞に選出されました。

Hec-Eye についてはこちらから https://hec-eye.realglobe.jp/

【リアルグローブについて】

株式会社リアルグローブは、『世界の全てをWebAPI化』することで、適量生産・適量消費で地産地消、持続可能な社会を実現するため、社会にある様々な「現場」でAI・IoT・Roboticsといった「技術」の活用モデルを作り、社会実装を進めることで、よりよい社会の実現を目指しています。
■社名     : 株式会社リアルグローブ
■本社所在地  : 〒101-0061
          東京都千代田区神田三崎町2-20-4 八木ビル201
■代表取締役社長: 大畑 貴弘
■URL      : https://realglobe.jp/