「自粛ムードが息苦しい」は不謹慎ですか?

ネガティブな情報や同調圧力とつきあうには

(執筆:林幸奈)

イベントのチケットに「天災などの非常事態、不可抗力による公演中止の際の払い戻しについて」と書かれているのを、目にしたことはあるだろうか。そんな非常事態、いつ来るのだろうと思っていたが、3月に現実となってしまった。

新型コロナウイルス感染症が広がる中、大規模なイベントが自粛を要請された。休校や自宅通勤の影響で人々の外出も控えめになり、街は閑散としている。オリンピックも一年程度の延期が決定した。人々の楽しみがなくなるだけでなく、経済面でも深刻な問題となっている。

非常時のストレスから攻撃的にならないためには?

自粛ムードは、言動や娯楽などを慎む風潮のこと。東日本大震災などの自然災害では、被害を受けた人の気持ちを考慮したものだった。反対に「こうした時だからこそ前向きになろう」という声も上がり、希望を見出そうという活動がはじまる。しかしコロナウイルスによる自粛は、人と人との接触による感染を防ぐためのもの。被害を縮小するためのやむを得ない手段で、前向きな意見はできない風潮にある。

暗いムードに負けず心身を健康に保つためには?

非常時は不安に包まれ、自宅待機や自粛ムードで行動も制限され、ストレスがたまる。暗いニュースが溢れて、攻撃的で極端な人の意見も耳に入る。そうと知っていながら、人々はなぜ情報を求めてしまうのだろうか。

先が見えないときこそ、人々は明るく希望的なニュースを求める。コロナウイルスの混沌で人々が求めたのは、予防法だったように感じる。「マスクがあれば、感染症にかからない」という思いからマスクは買い占められ、不確かでも効果があると言われるものに人々は飛びついた。

【今回のコメンテーターからのご意見】

・廣田 和好(ひろた・かずよし)
『司法関係者皆殺し:サムライ歯科医のみちしるべ(22世紀アート)』 の著者。いちご歯科クリニック院長。

「自粛ムードが息苦しい」と言って「不謹慎」と言われたら、ナンセンスでしかない。巣ごもり生活を続けて、ウィルスをやり過ごすためには、3年も続けなければならないからだ。それでは、人間社会・経済が破綻するのは明らかだ。休業要請に休業保障がセットになっていない特措法の成立は、責任を国民に押しつけるズル賢い官僚の作文に、立法府がハンコを捺しただけではないか。

 

▼ SOCIOについて

『SOCIO(ソシオ)』は人間関係、働き方、新しいライフスタイルを軸にしたウェブ記事を提供するメディアです。人の悩みは9割が人間関係。「あの人苦手だな」「あの人がうらやましい」「なんで自分はこうなんだろう」。

社会で多様性(ダイバーシティ)が語られるほど、自己肯定感や個性についての悩みが増えていきます。価値観は人それぞれ。だからこそ、自分も大切にしてほしい。その第一歩が他人の意見に耳を傾けることだと、私たちは考えます。

その先に価値観が変化することもあれば、譲れないモノを見つけることもあるでしょう。様々な悩みを柔軟に解釈し、なりたい自分を目指していこう。

公式HP→ https://www.socio22.com/
Twitter→@SOCIO_sns

▼ 運営会社 22世紀アート

「みんなを幸せにする出版社」を企業理念に掲げ、「出版とは、今、社会が必要とする情報を発信すること」という思いのもと、誰もが「本」に触れ、「本」を生み出し、「本」を愛する人になる。
そんな文化インフラを作るために、22名のスタッフにより運営されている。

代表者  : 向田翔一
所在地  : 〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町3-23-1 ACN日本橋リバーサイドビル5階
設立   : 2014年12月
事業内容 : 書籍・電子書籍制作及び出版
TEL   : 03-5941-9774
FAX   : 03-5941-9773
MAIL  : info@22art.net
公式HP : https://www.22art.net/
Twitter  : https://twitter.com/22artnet
Instagram: https://www.instagram.com/johnny_22art/?hl=ja