2022年注目のホットワード大予測

~2021年ホットワードから読み解く2022年に続く注目の経営戦略~

 ククレブ・アドバイザーズ株式会社のシンクタンク部門であるククレブ総合研究所では、2021年1月から12月の間に提出された中期経営計画書(以下「中計」)について、本年3月1日にリリースされた“CCReB GATEWAY”のホットワード分析機能を利用して各業種のホットワードについて分析を行いました。本レポートではその中から特に特徴のあるホットワードを持つ業界に絞って紹介を行います。

※ホットワードの定義:本レポートではホットワードを対前年比の「登場増加率」の上位ワードを分析の対象とした(一部ホットワード出現で前年比較が難しい業種については単純な「登場数」を採用)。

業界全体:トレンドは「カーボンニュートラル」「ESG」、コロナ関連ワードは対前年では大幅減少

 まず2021年に中計を公表した企業数は約860社と前年の約420社から、大幅に増加した。2020年はコロナ感染症が日本で確認された初年度であり、企業動向の先行きの不透明感から中計の公表を見送る企業も多かったが、2021年はウィズコロナの中で新しい働き方と価値観が根付き始め、2020年には多くの企業の中計に登場した「コロナ感染症」などのコロナ関連ワードが、2021年では大幅に出現率が減少した。
 一方で、2020年同様、環境系ワードである、カーボンニュートラルやESGを中心とする持続可能な社会の実現を目標とする企業は全業種満遍なく見られ、特にカーボンニュートラルの増加率は前年比2,602%と大幅な増加を記録しホットワードのTOP1となった。
 カーボンニュートラルでは、太平洋セメント株式会社(ガラス・土石製品)、電源開発株式会社(電気・ガス業)、ジェイ エフ イー ホールディングス株式会社(鉄鋼)などで多く出現している。ESGでは、株式会社カナミックネットワーク(情報・通信業)、株式会社ゆうちょ銀行(銀行業)大日精化工業株式会社(化学)などで多く出現している。

CCReB GATEWAYホットワード画面より
CCReB GATEWAYホットワード画面より

 レポートの続きは以下リンク(B2Bポータルサイト「CCReB GATEWAY(ククレブ ゲートウェイ)」_「総研レポート・分析」)よりご覧ください!

会社概要

ククレブ・アドバイザーズ株式会社

設  立 :2019年7月
所 在 地 :〒101-0047
      東京都千代田区内神田一丁目14番8号 KANDA SQUARE GATE 8F
資 本 金 :400,000,350円(資本準備金含む)
事業内容 :AI・IoT を活用した CRE 営業支援ツールの企画・開発・販売、
     CRE アドバイザリー業務、コンパクト CRE 不動産投資・開発業務等
サ イ ト :https://ccreb.jp/

ククレブ総合研究所に関するお問合せ

ククレブ・マーケティング株式会社
お問合せ窓口
電話番号:03-6272-8642
E-mail  :contact@mktg.ccreb.jp