フロスト&サリバンがアジア太平洋地域のデジタル社会の 成長市場予測を発信

「より短期間で投資家へリターンを生み出すための助走として、デジタルビジネスモデルは、今後大きな統合と引き締めを経験することになるだろう」 - フロスト&サリバン

破壊的なまでに最先端なテクノロジーとデジタルトランスフォーメーションは、企業が将来の成長のために革新を起こすための必要な刺激です。より良いビジネス成果を追求する競争において、持続可能なデジタル化ソリューションは、企業がアジア太平洋地域において進化する業界情勢をリードするための鍵となります。
8月23日(火)に開催されたフロスト&サリバン主催ウェビナー「アジア太平洋地域(APAC)の展望:将来の成長を見据えたデジタル機会とキーイノベーション」では、ICT、セキュリティ、ヘルスケア、エネルギー & 環境、銀行 & 金融サービスに渡るさまざまな業界から、同社のグローバルなソートリーダー達が登壇しました。本イベントでは、空港のデジタル化の主要なトレンドを深堀りしたパネルディスカッションも行われました。

本イベントのメインテーマである「持続可能性」が示すように、今後ますます、より多くの企業・組織が ESG (環境、社会、およびガバナンス) の目標に向けてパラダイムシフトを行うにつれて、混沌としたマクロ経済を基盤とした従来のビジネスモデルから、将来にわたり持続可能性を追求した新たなビジネスモデルにも注目していく必要があるといえます。

本ウェビナーのオープニング セッションで、同社APAC最高業務責任者のShivaji Das は、特にコマース、マーケティング、テクノロジー、不動産、インフラストラクチャ、観光、そして防衛とセキュリティの分野で予測されるアジア太平洋地域(APAC)での主要な成長機会を強調しました。
「より短期間で投資家へリターンを生み出すための助走として、デジタルビジネスモデルは、今後大きな統合と引き締めを経験することになるだろう。さらに、サステナビリティ(持続可能性)は、インフレのプレッシャーとサプライチェーンの懸念が和らいだとき、重要なテーマとして再浮上してくるだろう。」

フロスト&サリバンのキーアナリスト達は、以下の分野で知見を表しました。
・安全性への脅威が増す状況下で、サイバーセキュリティへ投資する正当性
・ヘルスケアの展望とヘルスケアにおける人工知能 (AI) アプリケーション
・成長する AI ソリューションおよびサービス ビジネス
・「働き方」の未来 – 職場、労働力、テクノロジーのパラダイム シフト
・メタバース市場での成長機会
・ 日本で注目の AI ソリューション

本リリースの全文は、フロスト&サリバンHPからもご覧いただけます。https://bit.ly/3RAe0yU

【フロスト&サリバンについて(本社:米国)】

フロスト&サリバンは、60年以上に渡り、フォーチュン1,000社、行政機関、投資家に向け、持続可能な成長戦略の策定をご支援してきました。経済情勢の変化に即応すると共に、破壊的技術を見出し、新たなビジネスモデルを立案することで、将来の成功へと導く革新的な成長機会を創り出します。

フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社

設立:2014年1月
沿革:2009年3月 日本支社「フロスト&サリバン インターナショナル」設立
2014年1月 日本法人「フロスト&サリバン ジャパン株式会社」設立
代表者:山村浩(代表取締役)
所在地:〒107-6123 東京都港区赤坂5丁目2番20号 赤坂パークビル23階
URL: https://frost.co.jp/

本リリースに関するお問い合わせ

フロスト&サリバン 広報マーケティング担当 三田
フロスト・アンド・サリバン株式会社PR事務局(SivanS株式会社内)
担当:高谷、パニャク
Email: marketing.jp@frost.com