日本人の覚悟が問われるコロナ後の社会と企業経営①

100年企業戦略研究所(https://100years-company.jp/)では「1 社でも多くの100年企業を創出するために」をモットーに100年企業に学ぶ経営哲学やリーダー論、
東京を中心とした都市力に関する独自の記事のほか、関連するイベント・セミナーの開催情報を発信しております。

今回は、日本人の覚悟が問われるコロナ後の社会と企業経営についての記事を公開いたしました。

※本記事は、『時局2021年1月号「現代を斬る」(発行:時局社)』に掲載された、100年企業戦略研究所所長堀内勉へのインタビュー記事です。

金融業界などでの経験を経て、社会的な課題解決や目的達成という社会的価値実現のための金融、ソーシャルファイナンスと資本主義の研究をライフワークとする堀内勉氏。コロナ禍を乗り切り、自分の人生を生き抜くために求められることを見つめる。

―― 堀内さんは日本興業銀行、ゴールドマンサックス証券、森ビルに勤務されたのち、現職に就かれていますね。

堀内 学者には、いわゆる研究者から教員になる人と、私のような実務家教員の2種類がいます。後者はビジネススクールに多いタイプで、実社会で培った経験を学問的に再整理して社会に還元していくという役割です。

―― ライフワークにされているのは資本主義とソーシャルファイナンス(社会的金融)の研究とのことですが。

堀内 私は出だしが日本の銀行でしたが、大学を卒業して就職するとき、銀行に入れば仕事を通して間接的に世の中の役に立てるのだと無邪気に信じていました。しかし、14年間銀行にいて強く感じたのは、「銀行というのは世の中の役に立っていないのではないか」というシンプルな疑問でした。自分にはそれを否定できるものがなかったし、周りにも「銀行はこういうふうに世の中のために役に立っている」と言える人はいませんでした。

それで、日本で金融危機が起こったとき、「どうせ金融をやるなら、お金を儲けるのが筋だろう」と外資系証券会社に転職。確かにお金を儲けることが正義だという世界でしたが、金の多寡ですべての価値が測られるのがむなしくて、それで街づくりを事業にしている森ビルに転職し、「金融はもうやめよう」と思ったのですけれど、そこで出会いがありました。

森ビルではCFOとして財務を見るほか、六本木ヒルズの49階から上にある複合文化施設「森アーツセンター」(森美術館、東京シティビュー、森アーツセンターギャラリー、六本木ヒルズクラブ、アカデミーヒルズ)を担当。その中のアカデミーヒルズで結構若い起業家たちと知り合う機会があり、クラウドファンディングとかも含めて金融で世の中の役に立ちたいという人がいたんです。「そういう言葉を久しぶりに聞いたな。金融で世の中の役に立ちたいと、真剣に考えている人がいるんだ」と。

―― かつて抱いていた思いを思い起こされたわけですね。

堀内 当たり前ですけど、お金というのは経済の血液ですから、それが循環していなければ死んでしまいます。私が以前仕事で行っていた大企業金融というのは、信用力のある大きな会社にお金を貸し、利息が返ってくることだけを考えていましたが、本当に世の中の必要なところにお金が回っているのかを真剣に考えて、そのための仕組みを作ろうとしている人たちがいるのを見て、本当に世の中の役に立つ金融とは何かを、もう一度真面目に考えてみようと思ったんです。

ちょうど企業の経済的価値を高めることを目的とする「コーポレートファイナンス」に相対する言葉として、社会的リターンの実現を目指す「ソーシャルファイナンス」という言葉自体が世の中に出てきたタイミングで、私は金融の経験があり、事業会社で財務の担当もしていたし、これを自分の研究分野にしてみよう…と。そうして多摩大学で社会的投資研究所というのを立ち上げたのが2018年6月。実際に活動を開始したのが翌年1月です。