入社後のミスマッチを起こさない転職支援サービス「ミイダス」 働き方改革withコロナ時代の「1万人の仕事観調査2021」を実施

~社会貢献を意識するZ世代と、自分を生かしたい就職氷河期世代~

総合人材サービスのパーソルグループで転職支援サービス「ミイダス」を手がけるミイダス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:後藤 喜悦)は、全国の18~49歳男女を対象とした「1万人の仕事観調査2021」を実施しました。ミイダスでは、2021年4月1日から施行された「パートタイム・有期雇用労働法」などの法改正、そして新型コロナウィルス感染症の流行が続く中で、人々は今仕事に対してどのような意識を持っているかを確認する目的で実施しました。これからもミイダスは働く人の思いを大事に、新しい働き方にあったサービスを開発して参ります。

■主な調査結果

1. 新型コロナウィルス感染症による仕事観への影響がみられた。
「副業への関心が増した」が37%、「テレワークができることを重視」が27%高まったと回答。
2. 職種別採用の「ジョブ型雇用」を62%が支持。
3. 「先進性や技術力よりも、社会貢献できる会社」を63%が支持。
 Z世代は「社会貢献でき、持続可能性ある会社で働きたい」が68%と高め(全体+5pt)。
4. 「転職するリスク」を68%が感じている。
Z世代は「1つの会社に居続けるリスク」も38%が感じている(就職氷河期世代+9pt)。
5. 「ワークスタイルが柔軟な会社」と「出退勤・残業管理する会社」は50%ずつで拮抗。
Z世代は「出退勤・残業管理する会社」を56%と過半数が支持(全体+6pt)しており、「仕事の進め方を丁寧に教えてくれる会社がいい」も77%が支持(全体+9pt)。
6. これまでの転職経験者は57%と過半数。2年以内の転職実施者は15%、関心者は33%。
7. フルタイム勤務者のうち2年以内の副業開始は7%にとどまるが、副業への関心者は38%。
8. 仕事を変えても同じ業界を選ぶ割合が高い業界1位は「IT・通信・ゲーム業界」
9. 仕事を変えるなら違う業界を選ぶ割合が高い業界1位は「アパレル・ファッションメーカー」
10. 働きたい業界は、エリアによって違う
働きたい業界1位が「部品製造・加工メーカー」は愛知(14.2%)、静岡(13.9%)。働きたい業界1位が「運輸・物流」は大阪(13.8%)、福岡(11.4%)。働きたい業界1位が「IT・ゲーム・通信業界」は東京(16.2%)、神奈川(11.2%)。

調査概要

調査時期:2021年3月
調査手法:WEBアンケート調査
調査対象:全国18~49歳男女 10000人(回収後に性・年代の偏りがないようサンプル調整を実施)
調査主体:ミイダス株式会社

*転職に関する質問項目は、学生や就業経験のない人を除いて聴取しています。
*本調査では、調査時点で18~24歳をZ世代(N=1395 )25~39歳をミレニアルズ(N=4834)40~49歳を就職氷河期世代(N=3771)としてグラフ表示しています。


【結果詳細】

1. 新型コロナウィルス感染症による仕事観への影響がみられた。
「副業への関心が増した」が37%、「テレワークができることを重視」が27%高まったと回答。

2.職種別採用の「ジョブ型雇用」を62%が支持
「違う業界より、同じ業界がいい」が65%、職種別採用の「ジョブ型雇用」も62%が支持。
就職氷河期世代の「違う業界で新しい経験をしたい」は31%に対し、Z世代は41%(+10pt)。
「ジョブ型雇用」は、就職氷河期世代65%に対し、ミレニアルズ・Z世代は60%(-5pt)。

3.「先進性や技術力よりも、社会貢献できる会社」を63%が支持
Z世代は68%(全体+5pt)と社会貢献意識め。

4. 「転職するリスク」を68%が感じている
Z世代は「1つの会社に居続けるリスク」も38%が感じる(就職氷河期世代+9pt)

5.「ワークスタイルが柔軟な会社」と「出退勤・残業管理する会社」は50%ずつで拮抗。
Z世代は、「出退勤や残業を管理する会社」を56%が支持(全体+6pt)。

また「仕事の進め方を丁寧に教えてくれる会社がいい」も77%が支持(全体+9pt)。
Z世代は自由だけを好むのではなく、残業管理や教育を重視する姿勢が確認できた。

一方、働きたい会社の環境に関して、「無名だが、自分の価値が生かせる会社がいい」67%が多数派。就職氷河期世代は74%と、Z世代よりもチャレンジ意欲が高い結果(+16pt)となった。

6. これまでの転職経験者は56%と過半数。

6. ここ2年以内の転職実施者は15%、関心者は33%。

7. フルタイムの有職者(自由業、自営業、パート・アルバイトを除く)において、2年以内に「副業を開始した」は7%にとどまったが、副業への関心者は38%にのぼった。

8.仕事を変えても同じ業界を選ぶ割合が高い業界1位は「IT・ゲーム・通信業界」。  
9. 仕事を変えるなら違う業界を選ぶ割合が高い業界1位は「アパレル・ファッションメーカー」。

Q.現在お勤めの業界をお知らせください/Q.今後働きたい業界をお知らせください
(あてはまるものをすべて)
※回答者数N=50 未満の業界はランキング対象外とした。

10.働きたい業界は、エリアによって違う
  人気業界はエリアによって差があり、現在働く業界の地域分布が影響している様子がみられた。
    働きたい業界1位が「部品製造・加工メーカー」は愛知(14.2%)、静岡(13.9%)。            
    働きたい業界1位が「運輸・物流」は大阪(13.8%)、福岡(11.4%)。
    働きたい業界1位が「IT・ゲーム・通信業界」は東京(16.2%)、神奈川(11.2%)。

Q.現在働いているエリアをお知らせください/Q.今後働きたい業界をお知らせください   (横%)

*網掛けは全体+5pt以上。全体の人気上位6位までの業界を抜粋した。

ミイダスは「入社後のミスマッチ」をなくすために、転職したい求職者と採用したい企業が、働き方の価値観や思考性からフィットできるような仕組みを研究・開発しています。
今回の調査に関してご質問がある方は広報部までお問い合わせください。

■「ミイダス」とは

企業向け:https://corp.miidas.jp/
転職希望者向け:https://miidas.jp/

中途採用支援サービスの「ミイダス」は採用基準の明確化と面接の正しい評価ができる「アセスメント機能」を搭載した、アセスメントリクルーティングプラットフォームです。一年間の定額制のサービスで、自社の社風や業務にフィットする人材の分析、検索、募集、評価、採用までを一貫して行うことができます。

■中途採用支援サービス「ミイダス」についてのお問い合わせ https://corp.miidas.jp/inquiry

■ミイダス株式会社について  https://miidas.co.jp/
ミイダス株式会社は、パーソルグループ全体のHR領域におけるイノベーション推進を牽引し、より一層の企業の人材ニーズに対する貢献を目的として、2019年4月に発足しました。 ミイダス株式会社が運営するアセスメントリクルーティングプラットフォーム「ミイダス」は、2015年7月よりサービス提供を開始しており、2019年にはHRアワード2019「プロフェッショナル 人材採用・雇用部門」最優秀賞を受賞しました。
<参考>HRアワード2019選考結果
https://hr-award.jp/2019/prize.php

■「PERSOL(パーソル)」について https://www.persol-group.co.jp/
パーソルグループは、「はたらいて、笑おう。」をグループビジョンに、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、 転職サービス「doda」、ITアウトソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様な事業を展開しています。 グループの経営理念・サステナビリティ方針に沿って事業活動を推進することで、持続可能な社会の実現とSDGsの達成に貢献していきます。 また、人材サービスとテクノロジーの融合による、次世代のイノベーション開発にも積極的に取り組み、 市場価値を見いだす転職サービス「ミイダス」、テクノロジー人材のエンパワーメントと企業のDX組織構築支援を行う「TECH PLAY」、 クラウド型モバイルPOSレジ「POS+(ポスタス)」などのサービスも展開しています。