ブルックス・ケプカ選手とゴルフ用品使用契約を締結

~メジャー通算4勝 世界屈指のショットメーカーがスリクソン・クリーブランドゴルフとともに戦う~

 ダンロップの住友ゴム工業(株)(社長:山本悟)は、ブルックス・ケプカ選手(米国)と用具使用契約を締結しました。ドライバー、アイアン、ウエッジ、ゴルフボール、キャディバッグを使用予定です。

 現在、31歳のブルックス・ケプカ選手は2021年の年初からシーズンを通して「スリクソン ZX7アイアン」を使用しており、PGAツアー8勝目となった「ウェイストマネジメント フェニックスオープン」でも「スリクソン ZX7アイアン」を使用していました。
 ブルックス・ケプカ選手は、全米オープン(2017年、2018年)と全米プロゴルフ選手権(2018年、2019年)での連続優勝という4回のメジャー優勝者であり、世界最高の選手の1人です。2016年と2017年に出場した、「ダンロップフェニックストーナメント」では大会連覇を果たし、2018年には世界ランキング1位となり、また複数の大会(2016年、2018年、2020年のライダーカップ、2017年のプレジデントカップ)で米国代表として戦い、歴史的な勝利に貢献しました。

【ブルックス・ケプカ選手のコメント】

「シェーン・ローリー、 グレイム・マクダウエル、松山英樹と共にスリクソン/クリーブランドの契約選手として参加できることをとても嬉しく思います。私はここ数年、ゴルフクラブやゴルフボールの用具使用契約を締結していなかったので、日常的に企業と関わり、そして将来の用具開発に貢献できることが楽しみです。今年の1月からスリクソンのアイアンを使用していますが、私がこれまでにツアーで使用したなかで最高のアイアンです。今週ラスベガスで始まるスリクソンとの新たなパートナーシップが楽しみです。」

 ブルックス・ケプカ選手は、11月26日開催の「キャピタルワンズ ザ・マッチ」(米国 ウィンゴルフクラブ)でスリクソン契約選手としてデビューを果たします。

詳しくはこちら