メール共有システム「yaritori」| レポート機能を追加し、メール対応の集計が可能に

複数人でのメール対応を効率化するメール共有システム「yaritori」が、レポート機能を追加。メール対応件数や業務負担を可視化できるようになりました。

Onebox株式会社(本社:東京都港区 代表:奥村 恒太、以下 Onebox)は、2021年5月からメール共有システム「yaritori」にレポート機能を追加を行いましたので、下記の通りお知らせいたします。

サービスサイト:https://yaritori.jp

yaritoriは、複数人でのメール対応・管理を効率化するクラウド型のメール共有システムです。営業やカスタマーサポートなど、メールでお客さま対応をしている部署を中心にさまざまな業界で利用されています。

この度、カスタマーサポートを代行している企業さまなどから寄せられた「誰がどれぐらいメール対応をしているかを月次で集計したい」などのご要望にお応えするため「レポート機能」を追加しました。

これにより、メール対応をしているメンバーの”メール対応件数の集計”や”業務負担の可視化”ができるようになりました。

<新機能イメージ>

▼yaritoriについて詳しく知りたい方はこちら▼

・サービス概要などの資料ダウンロード : https://yaritori.jp/download
・サービスサイト : https://yaritori.jp

<メール共有システム「yaritori」とは>

複数人でのお問い合わせ対応業務を効率化し、対応漏れや二重対応をなくすクラウド型のメールサービスです。

複数メールの対応状況をチームみんなで可視化することができるようになり、メール対応で発生する事故を防止し効率化することが可能になります。

主な便利機能:
・メールの対応状況(未対応・対応済みなど)の可視化
・メールごとのチャット機能
・複数アカウントの一括管理

ECサイト/通販ショップやカスタマーサポートをはじめ、さまざまな業界・業種で利用されています。
1ユーザーあたり月額980円(税抜き)〜で利用でき、初期費用や最低契約期間もございません。14日間無料のトライアルができますので、サービスサイト(https://yaritori.jp)より、お気軽にお申し込みください。

▼yaritoriについて詳しく知りたい方はこちら▼

・サービス概要などの資料ダウンロード : https://yaritori.jp/download
・サービスサイト : https://yaritori.jp

<Onebox株式会社について>

2020年3月 創業のBtoB SaaSスタートアップ企業です。

アプリコット・ベンチャーズ主催スタートアップ支援プログラム「FLAP」第八期に採択されました。現在、一緒に0から組織カルチャーを作っていける仲間を募集しているので、お気軽にご連絡ください!

【お問い合わせ先】
会社名 :Onebox株式会社
代表者 :奥村恒太
連絡先 :contact@onebox.tokyo