ガラス繊維市場は2027年に18,648.7百万米ドルに達すると予測される

ガラス繊維の世界市場は、2027年には18,648.7百万米ドルに達すると予測されています。同市場は予測期間中に5.8%のCAGRを記録すると予想されています。

ガラス繊維を使った繊維強化プラスチックの代表的なものです。平らにしてシート状にしたり、織ってガラスクロスにしたり、ランダムに配置したりすることができます。この市場は、自動車および建設産業におけるガラス繊維複合材の使用の増加、複合部品に対する需要の高まり、および排ガス規制の厳しい規制が、他の材料よりもガラス繊維を支持していることが要因であると予想されます。さらに、風力発電設備の設置数の増加が、市場成長のための有利な機会を提供すると推測されます。

成長因子

建設および自動車産業におけるグラスファイバーコンポジットの使用量増加

ガラス繊維は、その高い強度対重量比から、自動車産業で広く使用されています。高強度、低重量の材料を使用して製造された車両は、より高い燃費を提供し、また燃料効率を向上させます。燃費向上のためのガラス繊維の応用は、二酸化炭素排出量削減のために業界に課された厳しい規制を満たすために自動車メーカーを支援します。建設業界では、ガラス繊維は、装飾、壁の仕上げ、防火、および天井と壁の改修のための壁のカバーとして使用されています。これらの要因は、市場の成長を後押しします。

市場細分化

タイプ別(A-ガラス繊維、C-ガラス繊維、D-ガラス繊維、E-ガラス繊維、Advantexガラス繊維、ECRガラス繊維、ARガラス繊維、R-ガラス繊維、S2ガラス繊維、M-ガラス繊維、Z-ガラス繊維)

形態別(タオル、ベールマット、織物、チョップドストランドマット、テープ、ロープ、布、その他)

製造方法別(連続糸、ステープル糸)

樹脂別(ポリエステル、ビニルエステル、エポキシ、ポリウレタン、その他

産業別(航空機・宇宙産業、建設産業、民生機器、耐食機器、電気機器、海洋産業、自動車産業)

地域別分析

地域別では、ガラス繊維の世界市場は、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、南米に区分されています。

アジア太平洋地域は、自動車産業や建設業が盛んであることから、世界市場の約52%を占め、最大の市場となっています。また、インド、日本、中国などの国々で工業化が進んでいることも、市場の成長に寄与していると推測されます。中東・アフリカ地域は、自動車産業の成長に伴い、約5.8%の成長率を示しています。

競合他社の分析

世界のガラス繊維市場で事業を展開している主な企業は、AGY Holding Corp、旭ファイバーグラス株式会社、Binani 3B-the Fibreglass Company、CertainTeed Corporation、Chongqing Polycomp International Corp(CPIC)、Johns Manville Corp、Jushi Co, Ltd.、Knauf Insulation、Nippon Electric Glass Co., Ltd., Owens Corning、PFG Fiber Glass Co., Ltd., Saint-Gobain Vetrotex, Taishan Fiberglass Inc. Ltd.、サンゴバン・ヴェトロテックス社、Taishan Fiberglass Inc.

調査結果詳細:https://www.astuteanalytica.com/industry-report/fiberglass-market

私たちについて:
Astute Analyticaは、グローバルな分析・アドバイザリー会社であり、お客様に提供してきた具体的な成果により、短期間で確固たる評価を得てきました。私たちは、様々な業種の非常に要求の多いお客様のために、他に類を見ない深く正確な見積もりや予測を作成することに誇りを持っています。当社には、テクノロジー、ヘルスケア、化学、半導体、FMCGなど、さまざまな分野のお客様にご満足いただき、リピートしていただいているお客様のリストがあります。これらのお客様は、世界各地から当社を訪れます。その理由は、複雑なビジネス環境、セグメント別の既存および新規の可能性、技術形成、成長予測、さらには利用可能な戦略的選択肢などを分析しているからです。要するに、完全なパッケージなのです。これは、ビジネスアナリスト、エコノミスト、コンサルタント、テクノロジーの専門家からなる、優秀で経最優先としています。私たちと一緒に仕事をすることになれば、費用対効果の高い、付加価値のある最高