オートバイハブモーター市場分析:2027年の規模、シェア、ニュース、需要、機会別

「オートバイハブモーター市場:世界の需要分析と機会の見通し2027」と題するレポートでは、世界のオートバイハブモーター市場の概要を、車両タイプ別、設置タイプ別、モータータイプ別、販売チャネル別、生産タイプ別の市場セグメンテーションの観点から提供しています。
世界のオートバイハブモーター市場は、車両タイプ、設置タイプ、モータータイプ、販売チャネル、出力タイプによってセグメント化されています。車種別では、Eバイク、Eスクーター/モペット、Eバイクにサブセグメント化され、そのうちeバイクセグメントは、既存車と新車の両方で高トルク、より良い車両ハンドリング、パワーの向上を背景に最大の市場シェアを持つと予想されています。設置タイプに基づいて、フロントハブモーターとリアハブモーターにサブセグメント化され、そのうちリアハブモーターセグメントは、その強力な加速、高出力ハンドリング、優れたトラクション、高い柔軟性の裏で市場を支配すると予想されます。市場はさらにモータータイプによってギアレスハブモーターとギヤードハブモーターにセグメント化されています。出力タイプによって1000W以下、1000-3000Wおよび3000W以上へ;アフターマーケットおよび相手先商標製品製造業者(OEM)への販売チャネルによって。
世界のオートバイハブモーター市場は、予測期間、すなわち2019-2027年に約5.3%のCAGRで拡大すると予想されています。生態学的懸念の高まりを背景に電動二輪車の販売が拡大し、市場の成長が促進されると予想されます。さらに、車両性能効率の向上、トラクションコントロール、車両ハンドリングの向上、パワーレベルの向上など、ハブモーターの重要な特徴は、予測期間中にハブモーターの市場にプラスの影響を与えると予想されます。
地理的には、世界のオートバイハブモーター市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東およびアフリカ地域を含む5つの主要地域に分かれています。これらの地域の中で、アジア太平洋地域は、人々の間の生態学的懸念の高まりと、この地域での電気二輪車の生産と販売の増加により、市場を支配すると予想されています。さらに、燃料を節約するための電気自動車を製造するための厳しい政府の規則と規制は、アジア太平洋地域の市場の成長を支えると予想される注目すべき要因です。
このレポートのサンプル コピーをグラフとグラフと共に入手します。 https://www.researchnester.jp/sample-request-1421
電動二輪車の需要の高まり
従来のエネルギー資源ではなく、CO2を排出せず、再生可能な電力資源を使用する車両の使用を促進する厳格な政府規則は、市場の成長を支えている重要な要素の一部です。さらに、車両ハンドリングの向上、パワーレベルの向上、車両性能効率の向上は、今後数年間でハブモーターの需要を増強すると予想される注目すべき要因の一部です。
しかし、より低いレートでの代替品の存在と人々の間のオートバイハブモーターに関する認識の欠如は、予測期間中の市場の成長を妨げると予想されます。
さらに、詳細な分析のために、このレポートには、業界の成長ドライバー、制約、需給リスク、市場の魅力、BPS分析、ポーターの5つの力モデルが含まれています。このレポートでは、QS MOTOR、シェフラーAG、ミシュラン、エラフェ、NTNコーポレーション、田島EV、TDCM、GO SwissDrive、リーフモーター、ロバートボッシュGmbH、スペシャライズドバイシクルコンポーネント、トレックバイシクルコーポレーション、ゼロモーターサイクルズなどの主要企業の企業プロファイリングを含む、世界のオートバイハブモーター市場の主要プレーヤーの既存の競争シナリオも提供しています。 Heinzmann GmbH & Co. KG、Accell Group、Fuji-ta Bicycle Co.Ltd、MERIDA BIKES、UU Motor Technology Co. Limited。
サンプルレポートで内部スクープを入手 -https://www.researchnester.jp/sample-request-1421
概要には、事業概要、製品とサービス、主要な財務、最近のニュースと開発を含む企業の主要情報が網羅されています。全体として、このレポートは、業界のコンサルタント、機器メーカー、拡大機会を探している既存のプレーヤー、可能性を模索している新しいプレーヤー、およびその他の利害関係者が、将来進行中および予想される傾向に従って市場中心の戦略を調整するのに役立つと期待される世界のオートバイハブモーター市場の詳細な概要を示しています。