『指先から、世界とつながる ~ピアノと私、これまでの歩み~』 12月27日発売!

チャイコフスキー・コンクール(ピアノ部門)における、日本人初・女性初優勝の快挙達成から20年。 強さとしなやかさをあわせもつピアニスト・上原彩子の素顔に迫る自伝的エッセイ。

指先から、世界とつながる ~ピアノと私、これまでの歩み~
指先から、世界とつながる ~ピアノと私、これまでの歩み~

音大へ行かずに世界最高峰のピアノコンクールで優勝、25歳で電撃結婚、三児の母そして東京藝大准教授に。
現在もさらに活躍の場を広げる上原彩子の自伝的エッセイ。

1.二〇〇二年夏、モスクワで
2.チャイコフスキー・コンクールまで
3.ヤマハのマスタークラスに進んで
4.私のコンクール歴
5.世界への第一歩
6.結婚! 出産!!
7.年子も生まれて、日々戦争
8.教える側に立ってみて
9.ピアニズムと練習法
10.いま、これから

――どんなときも、舞台で演奏する時は
「もし明日死んでも悔いがない」という気持ちで弾いているのです。(本文より)


■著者について
上原 彩子(うえはら・あやこ)
第12回チャイコフスキー国際コンクール ピアノ部門において、女性としてまた、日本人として史上初の第一位を獲得。 第18回新日鉄音楽賞フレッシュアーティスト賞受賞。これまでに国内外で演奏活動を行ない、ヤノフスキ、ノセダ、ルイージ、ラザレフ、ブラビンス、ペトレンコ、小澤征爾、小林研一郎、飯森範親、各氏等の指揮のもと、国内外のオーケストラのソリストとしての共演も多い。 2004年12月にはデュトワ指揮NHK交響楽団と共演し、2004年度ベスト・ソリストに選ばれた。CDはEMIクラシックスから3枚がワールドワイドで発売された他、キングレコードに移籍し、「上原彩子のくるみ割り人形」「ラフマニノフ13の前奏曲」「上原彩子のモーツァルト&チャイコフスキー」がリリースされている。 東京藝術大学音楽学部早期教育リサーチセンター准教授。
上原 彩子オフィシャル・ホームページ:https://www.japanarts.co.jp/artist/AyakoUEHARA

■取材・構成について
ひの まどか
音楽作家。東京生まれ。東京藝術大学器楽科(ヴァイオリン専攻)卒業。東京ゾリステン他でヴァイオリニストとして活躍。東京藝術大学、故小泉文夫教授の下で民族音楽を研究。その後、作曲家の伝記や小説、音楽解説などの執筆活動に入る。「音楽家の伝記 はじめに読む1冊」シリーズ(ヤマハ)ほか、著作多数。

商品詳細

指先から、世界とつながる ~ピアノと私、これまでの歩み~

定価:2,200円(10%税込)
仕様:四六判/232ページ
発売日:2021年12月27日
ISBN:978-4-636-97290-0
商品コード:GTB01097290
https://www.ymm.co.jp/p/detail.php?code=GTB01097290


お求めは、全国ヤマハ特約楽器店・書店または弊社オンラインショップ< https://www.ymm.co.jp >まで。


【本商品に関するお問い合わせ】 
(株)ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス ミュージックメディア部
 問い合わせフォーム:https://inquiry.yamaha.com/contact/?act=2008&lcl=ja_JP
 https://www.ymm.co.jp