賃貸夏のトイレ暑さ対策は、対流をよくすること。

これから夏本番の時期を迎えますが、夏ならではの悩みのひとつといえば、トイレ空間が異常なぐらいに暑くなってしまうこと。
特に賃貸のトイレは「窓」がないのが当たり前なので、そのままの状態にしておくと、当然ではありますが、暑苦しくなってしまって、たとえわずかな時間とはいえ、トイレにいるのがとても嫌な気持ちになってしまいますよね。
では、どうしたら少しでも快適なトイレ空間になるのでしょうか?

トイレ空間が暑くなってしまう最大の理由は、ズバリ空気が外に排出されていないからです。トイレ空間に「どよん」とした空気が溜まっている以上、その空気を外に排出させない限りは、どうやってもムシムシしたトイレ空間となってしまうことから、トイレに設置されている換気扇は「常時つけっぱなし」の状態にしておくと、必然的に空気を排出することができるので、おススメです。

またドアを閉めっぱなしにしておくと「空気の通り道」ができないので、これは少しお行儀が悪いことではありますが、来客者がいない時には、トイレのドアを少し開けっぱなしにすることによって、多少なりとも空気の通り道ができるので、熱気を抑える効果が期待できます。

さらに、トイレ空間の湿気を抑えたい方は、100円ショップでも販売されている「除湿剤」(クローゼットなどに置く置き型のもの)を置くと、勝手に湿気を吸湿してくれるので、おススメです。

それと、トイレ空間はどうしても「あのニオイ」が発生してしまいがちになってしまいますが、ニオイを少しでも軽減させる方法として、用を足した後「ふたを閉めた状態」で水を流す癖をつけると、ニオイを軽減させることができます。

もし現在お部屋探しをされている方、現在募集中のS101号室のトイレは・・・

天井と両壁に「消臭効果が期待」できる機能性壁紙

を施工してありますので、通常のトイレと比べると、ニオイを気にしない生活をすることができます。ただより消臭効果を高めるためには、トイレのフタを閉めてから水を流して頂きたいですね。