武蔵野美術大学が高校生向けに課題探究、デザイン思考体験ワークショップや進学相談会を開催!

2020 年11 月~12月、東京ミッドタウン・デザインハブ内にて実施

武蔵野美術大学(東京都小平市、学長 長澤忠徳)は、東京・六本木にある東京ミッドタウン・デザインハブにて、11月14日(土)~12月13日(日)の間、企画展「見えてないデザインー社会に問い続けるムサビー」を開催します。
本展では、本学が実施してきた様々な社会連携活動のご紹介の他、2019年4月に開設したクリエイティブイノベーション学科の学生、教職員が中心となり、企業・自治体の方々と共同で実施したワークショップの成果等を展示します。

この展覧会の開催に伴い、以下日程にて高校生や保護者向けに大学説明会や、進学相談会、高校生向けワークショップなどのイベントを実施します。ぜひご参加ください!
※企画展への来場は申し込みの必要はございませんが、各種イベントへの参加は事前の申し込みが必要です。

◎大学説明会・進学相談会「美術大学での学びについて」
※ 説明会はオンラインで配信しますが、終了後には会場でのみ相談会を行います。ご相談をご希望の方は会場予約申し込みをお願いします。

【日時】11月28日(土)13:00-14:30/12月12日(土)16:00-17:30
【会場】東京ミッドタウン・タワー5階 (デザインハブ)/オンライン配信
【対象】高校生、保護者、高校教員
【定員】会場でのご参加:15名/オンラインでのご参加:200名
【参加方法および詳細】https://d-lounge.jp/2020/10/14718


◎ワークショップ「高校生の視点で課題探究をしよう!-フォト・オブザベーション体験WS-」
フォト・オブザベーション(観察)は、私たちが日常で何気なく見逃している光景から、美しさや、違和感、人の行動に目を向け、本質を見出す作業で、デザインを実践する上で欠かせないリサーチプロセスです。今回のワークショップでは、このプロセスを実際に体験し、観察力を鍛えることを目的とします。クリエイティブイノベーション学科の学生がサポートを行う予定です。
※以下2つの日程で実施します。内容は同一です。

【日時】12月6日 (日) 15:00 - 17:00
【対象】高校生
【会場】東京ミッドタウン・タワー5階 (デザインハブ)
【講師】若杉浩一(クリエイティブイノベーション学科教授)/冨井大裕(彫刻学科准教授)
【定員】会場でのご参加:15名
【参加方法および詳細】https://d-lounge.jp/2020/10/14728

【日時】12月12日 (土) 13:00 - 15:00
【対象】高校生
【会場】東京ミッドタウン・タワー5階 (デザインハブ)
【講師】長谷川敦士(クリエイティブイノベーション学科教授)
【定員】会場でのご参加:15名
【参加方法および詳細】https://d-lounge.jp/2020/10/14730


その他にも様々なイベントを開催予定です。詳細は以下、展覧会WEBサイトをご確認ください。
https://d-lounge.jp/2020/10/14687
皆様のご参加をお待ちしております!