不妊治療が保険適用に! 何が変わった?メリットやデメリット、課題は?

2022年4月より不妊治療が公的医療保険の適用対象になりました。これにより具体的にどんなことが変わるのでしょうか。

大正製薬株式会社[本社:東京都豊島区 社長:上原 茂](以下、当社)が運用する健康情報サイト「大正健康ナビ(https://www.taisho-kenko.com)では、不妊治療の保険適用によって生じるメリットやデメリット、そして今後の課題について、日本の生殖医療のパイオニアである、医師の吉村泰典先生にお話しを伺い、新着情報を掲載いたしました。

◆新着情報「不妊治療が保険適用に!何が変わった?メリットやデメリット、課題は」
 URL: https://www.taisho-kenko.com/column/84/

【目次】
1,不妊治療が保険適用になった背景
2,不妊治療の保険適用の範囲、条件とは?
3,不妊治療が保険適用になることのメリット・デメリット
4,不妊治療の保険適用、今後の課題
5,不妊治療の保険適用は始まったばかり、これからに期待

大正健康ナビは、生活者の日常生活に寄り添い、「人生100年時代をサポートする健康情報発信基地」として、みなさまの健康の維持・増進にお役立ていただけるサイト運営を目指しております。当社は、これからも健康と美を願う生活者に納得していただける優れた医薬品・健康関連商品、情報及びサービスを、社会から支持される方法で創造・提供することにより、社会へ貢献してまいります。

【監修者プロフィール】
慶應義塾大学名誉教授
吉村 泰典(よしむら・やすのり) 先生
1975年に慶應義塾大学医学部を卒業。日本産科婦人科学会理事長、日本生殖医学会理事長、日本産科婦人科内視鏡学会理事長など多くの学会理事を歴任。現在は慶應義塾大学名誉教授、一般社団法人吉村やすのり生命(いのち)の環境研究所代表理事などを務める。


【ご参考】
●大正健康ナビ
https://www.taisho-kenko.com
大正健康ナビでは、お悩みの原因、症状、対策や予防法などをご紹介しています。いろいろな疑問に専門家が分かりやすくお答えしています。

●Twitter 「大正セルフケア」
https://twitter.com/selfcare_taisho
健康お役立ち情報、商品情報、キャンペーン・イベント情報などを楽しくお届けする大正製薬の公式アカウントです。