\数量限定/希少性の高い長野県産の白ブドウを使用したワイン「長野竜眼 2023」発売!繊細で柔らかな風味の白ワイン【サンクゼール・久世福商店】

 株式会社サンクゼールは2024年2月9日(金)より、サンクゼール公式オンラインショップにて「長野竜眼 2023」(以下、「長野竜眼」)を数量限定で発売いたしました。また、全国のサンクゼール・久世福商店店舗(一部店舗を除く)でも順次販売を開始いたします。今年の「長野竜眼」の生産本数は約1万本です。

自社ワイナリーの自信作「長野竜眼(りゅうがん)」とは

 「長野竜眼」とは、サンクゼールでも屈指の人気を誇るワインです。もともとは長野県内の店舗で限定的に販売をしていた、知る人ぞ知るワインでした。一度飲んだら忘れられないそのおいしさに、買い求めるために県外から来店される方も少なくありませんでした。「竜眼をもっと気軽に購入したい!」というお客さまの熱意あるお声に応え、昨年は全国の店舗、および公式オンラインショップにて取り扱いを開始いたしました。ご好評につき今年も昨年同様、お近くの店舗やオンラインショップでお求めいただけます。

長野竜眼 2023:2,530円(税込)
長野竜眼 2023:2,530円(税込)

■容量:750ml
■ぶどう品種:竜眼 100%
■産地:長野県長野市産
■醸造地:長野県上水内郡飯綱町
■アルコール分:10%

「長野竜眼」のおいしさと、その秘密

 「長野竜眼」はやや黄色みを帯びた、輝きのある色が特徴のワインです。グラスにそそぐと、洋なしやりんご、ジャスミンやアカシアなどの白い花を思わせるアロマがふわっと漂います。
 口に含むと繊細な酸味と柔らかな甘みが広がり、口当たりはとっても軽やか。甘すぎず辛すぎずといったバランスの良い味わいは、まるで日本酒のよう。後味はすっきりと爽やかで、ぶどうの旨みや果実味が心地よく余韻に残ります。和食をはじめとしたさまざまなお料理に合わせやすいのも、このワインの嬉しいポイントです。

クリスタルのような美しさの「長野竜眼」
クリスタルのような美しさの「長野竜眼」

歴史ある白ぶどう「竜眼」を使用した貴重な白ワイン

 ワインに使用している白ぶどうは、長野県産の固有品種である「竜眼」です。諸説がありますが、中国から日本へと竜眼が渡り、その後長野県に根付いたといわれています。主に長野県にある善光寺のふもとで栽培されていたため、「善光寺ぶどう」とも呼ばれながら人々に親しまれてきました。
 皮の色はほんのりと桃色で、果肉が多くとってもジューシー。まるで竜の目玉のように一粒一粒が大きく実るため、竜の眼(め)と書いて「竜眼」と名付けられたといわれています。ひと房はひとの顔ほど大きく、ずっしりとした質量があります。

たわわに実った竜眼
たわわに実った竜眼

 サンクゼールでは2003年から竜眼を使って「長野竜眼」の醸造を始めました。昨今は品種改良された皮ごと食べられる種無しのぶどうが市場の主流であることから、竜眼の生産量は年々減少しています。サンクゼールはこの貴重なぶどうを守り、そして多くの方にワインを届けられるよう、竜眼の生産者の方々にご協力いただきながら醸造を行っています。

試行錯誤を重ねた醸造方法

 竜眼はシャルドネなどのワイン用品種のぶどうと比べると、香りや味がとても繊細です。はじめは竜眼の持つポテンシャルをうまく引き出すことができず、納得のいくワインが醸造できませんでした。試行錯誤を重ねること約5年、じっくりと時間をかけて、繊細な味を壊さないよう丁寧に醸造していく方法にたどり着きました。

自社ワイナリーの醸造家・野村
自社ワイナリーの醸造家・野村

 通常の白ワインは10~18度で管理をしながら、約1~3週間発酵させて醸造をします。竜眼の場合はより香りを引き出すために、10度以下の低温で約5週間じっくりと発酵をさせます。発酵中や貯蔵中はまるで赤ちゃんを育てるように、毎日気にかけながら大切に管理をします。
 そうして完成した今年の竜眼は、例年よりも香りに厚みがあり、華やかさを感じる仕上がりになりました。甘みは昨年より控えめで、その分軽やかな味わいやぶどうの果実味を感じていただけます。

「長野竜眼」に合う!おすすめのマリアージュ

 柔らかな甘みと上品な味わいの「長野竜眼」は、和食や洋食など、幅広いお料理に合わせてもおいしくお飲みいただけます。本記事では、サンクゼールと久世福商店それぞれの商品を使用した、おすすめのマリアージュをご紹介いたします。

※イメージ
※イメージ

【サンクゼール】「長野竜眼」×こっくりとしたお料理

 こっくりとしたテイストのお料理は、ほのかに酸味を感じるフレッシュな「長野竜眼」と相性抜群!蒸した野菜を「4種のチーズ&ベーコン」や「ディル香る ポテサラソース」にディップして、ワインで口を流すようにマリアージュさせるのがおすすめです。濃厚な味と素材の旨みを引き立てながらも、ワインの風味をしっかりと感じることができますよ。

4種のチーズ&ベーコン:760円(税込)
4種のチーズ&ベーコン:760円(税込)
ディル香る ポテサラソース:598円(税込)
ディル香る ポテサラソース:598円(税込)

【久世福商店】「長野竜眼」×香りが引き立つお料理

 スモーキーな燻製の香りも「長野竜眼」とよく合います!特に秋田県の伝統食であるいぶりがっこを使用した「秋田で燻された いぶりがっこタルタル」は、どこか日本酒を思わせる「長野竜眼」と味も香りも相性が良く、マリアージュすることで複雑な風味を楽しむことができます。
 爽やかに柑橘が香る「三種の国産柑橘 旨ポン酢」も「長野竜眼」とベストマッチ!豚肉を使った鍋料理や豚しゃぶにポン酢をつけてマリアージュすると、軽い口当たりのワインが豚の旨みをさらに伸びやかに広げてくれます。

いぶりがっこタルタル:650円(税込)
いぶりがっこタルタル:650円(税込)
三種の国産柑橘 旨ポン酢:480円(税込)
三種の国産柑橘 旨ポン酢:480円(税込)

 サンクゼールの「長野竜眼」は、北信州の厳しい冬を越えて迎える春のような、どこか心躍るおいしさのワインです。生産本数は約1万本と数に限りがございますので、お求めはお早めがおすすめ!ぜひこの機会に、お近くの店舗、または公式オンラインショップでチェックしてくださいね。

フランスのノルマンディー地方を再現した自社ワイナリー

 「長野竜眼」は、サンクゼールの自社ワイナリーで醸造しています。長野県飯綱町にある自社ワイナリーは、サンクゼールの創業者夫妻が新婚旅行で訪れ、感銘を受けたフランスのノルマンディー地方が再現されています。そこで見た景色の美しさや田舎の豊かさ、人々が誇りを持って生きていること、家族でゆったりと食事を楽しんでいる様子、大人の成熟した文化。サンクゼールのブランドコンセプトである”Country Comfort”を体現した、豊かでおだやかな世界観が広がるワイナリーです。

青空に臨む、豊かな自社ワイナリー(長野県飯綱町)
青空に臨む、豊かな自社ワイナリー(長野県飯綱町)

商品情報

商品名  :長野竜眼 2023
販売価格 :2,530円(税込)
商品ページ:https://kuzefuku.com/?page_id=13&eci_product=W00795

販売店舗:全国のサンクゼール店舗(一部店舗を除く)、久世福商店店舗(一部店舗を除く)、オンラインショップ
オフィシャルオンラインショップ: https://kuzefuku.com

※20歳未満の方の飲酒は法律で禁止されています。20歳未満の方へのお酒の販売はいたしておりません。

会社概要

会社名 :株式会社サンクゼール
本社  :長野県上水内郡飯綱町芋川1260
代表者 :代表取締役社長 久世 良太
創業  :1979年
設立  :1982年
事業内容:ジャム・ワイン、その他食品の製造販売、
     ワイナリー、レストラン、売店などの直営、
     及びフランチャイズ展開
     オンラインマーケットプレイス「旅する久世福e商店」の運営
ホームページ URL        : https://www.stcousair.co.jp/company
公式オンラインショップ    : https://kuzefuku.com
楽天市場店          : https://www.rakuten.co.jp/sc-rkt/
オンラインモール「たびふく」 :https://kuzefuku-arcade.jp/
小売事業ブランド「MeKEL」  :https://mekel.jp/