インダストリアル・オートメーションの市場規模は2030年に4395億米ドルに達すると予測-最新予測

世界の産業用オートメーション市場は、2022年から2030年までの予測期間中に8.1%の複合年間成長率を記録し、2030年までに4395億米ドルまで成長すると予測されています。

市場に影響を与える要因

コネクテッド・エンタープライズのトレンドの高まりは、調査期間中の産業用オートメーション市場の成長を主に促進するでしょう。製品の大量生産に対するニーズの高まりにより、この市場はとてつもない可能性を目撃することが期待されます。さらに、IoT対応システムは、ユーザーがフィールド機器の位置を追跡し、原材料の円滑な流れを可能にするのに役立ちます。さらに、サプライチェーンを通過する在庫や製品の状況をすべて記録しておくことにも役立ちます。このように、産業用オートメーションの利点は、分析期間中の市場の成長を促進すると予想されます。

さらに、生産性や製品の品質向上などに対する注目度が高まっていることも、産業用オートメーション市場を前進させると予想されます。

また、効果的で安価、かつ応答性の高いシステムアーキテクチャの合理化に対する需要が高まっているため、Industrial Internet of Thingsは強い足場を維持すると思われます。さらに、インダストリアル・オートメーションは、産業用資産を接続し、透明性を迅速かつ容易に創出し、生産性を向上させるのに役立ちます。企業も生産性向上のために努力しています。例えば、シーメンスとNVIDIA Omniverseは2022年6月に提携し、産業用メタバースを実現し、AI駆動のデジタルツイン技術の利用を拡大させています。このように、業界プレイヤーの革新的な取り組みにより、市場は潜在的な成長を活用することが期待されます。

地域別分析

地域別では、北米の産業用オートメーション市場が最も拡大すると予測されます。この地域市場は、今後数年間でもこの地位を維持すると予想されます。さらに、北米には著名な業界大手が存在し、AI、IoT技術、ロボットオートメーションなどの高度なソリューションの採用が進んでいることが、調査期間中の産業用オートメーション市場に利益をもたらすと思われます。

アジア太平洋地域の産業用オートメーション市場は、ロボット工学やその他の強力な技術の採用が増加していることから、潜在的な成長を記録すると予想されています。

競合他社の分析

エマソン・エレクトリック社
ロックウェル・オートメーション株式会社
横河電機株式会社
オムロン株式会社
エンドレス+ハウザーグループサービスAG
ファナック株式会社
WIKA USA
Dwyer Instruments, LLC
ストラタシス
三菱電機株式会社
ハネウェルインターナショナル株式会社
ABB株式会社
シュナイダーエレクトリック SE
シーメンスAG
ゼネラル・エレクトリック
アジスラ
フィジール
その他の有力企業

市場セグメント

コンポーネント別:(ハードウエア、ソフトウエア、サービス)

ハードウェア別:(産業用センサ、マシンビジョンシステム、フィールド機器、産業用ロボット)

ロボットタイプ別:(従来型産業用ロボット、協調型ロボット、ヒューマンマシンインターフェース、産業用PC、その他)

ソフトウェアタイプ別:(製造実行システム、産業安全、プラント資産管理、監視制御・データ収集、プログラマブルロジックコントローラ、分散制御システム)

産業分野別:(石油・ガス、製造、自動車、ヘルスケア、食品・飲料、化学、エネルギー・電力、金属・鉱業、その他)

地域別(北米、欧州、南米、アジア太平洋、中東、アフリカ)

レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください: https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=bwcc1079

私たちに関しては:

私たちは業界で最高の市場調査レポートプロバイダーです。 Report Oceanは、今日の競争の激しい環境で市場シェアを拡大するトップラインとボトムラインの目標を達成するために、クライアントに品質レポートを提供することを信じています。 Report Oceanは、革新的な市場調査レポートを探している個人、組織、業界向けの「ワンストップソリューション」です。

【本件に関するお問合せ先】
E-mail:sales@reportocean.com
URL:https://reportocean.com/