シュリンクフィルム市場規模は2031年までに80億米ドルに達する見込み - 最新予測

世界のシュリンクフィルム市場の売上高は2022年に約49億米ドルであり、2023年から2031年までの予測期間中に5.4%の複合年間成長率で成長している。

シュリンクフィルムは、完成品の包装に使用される汎用ポリマー素材である。コンベアのヒートトンネル、または電気やガスのヒートガンでフィルムに熱を加えることで、フィルムが触媒作用で収縮し、中に入れられた商品の周囲がしっかりと収縮する。シュリンクフィルムの製造に使用される原料のほとんどは、化石燃料や石油副産物である。

市場に影響を与える要因

世界中の先進国や成長国におけるファーストフードや飲料の消費の増加は、シュリンクフィルム市場に大きな影響を与えている。

プラスチック包装に対する政府の規則や規制の高まりは、シュリンクフィルム市場の成長を制限する可能性がある。

電子商取引を通じた魚介類、肉類などの生鮮食品の需要の伸びは、予測期間中に世界のシュリンクフィルム市場の発展に大きな機会をもたらすだろう。

地域別分析

2022年には、アジア太平洋地域が世界のシュリンクフィルム市場を独占した。この地域は、特に日本、中国、インドなどの国々でプラスチック関連製品の製造拠点となっている。環境に有害なこの種の製品の生産に関する規制が緩く、労働力が低いためである。

競合他社の分析

世界のシュリンクフィルム市場における主要企業は以下の通りである:
Intertape Polymer Group Inc.
シールドエアー社
SYFAN USA
クライサー
ボローレ・グループ
株式会社クレハ
ウィンパック
フレックスパックS.A.
コベリス・ホールディングスS.A.
PREMIUMPACK GmbH
シュア・フレキシブル・グループ
Kuplast Matejka Kumar S.P.
Buergofol GmbH
Atlantis-Pak Co. Ltd.
クロフォードパッケージング
その他の著名なキープレイヤー

市場セグメント

包装用途別セグメント:(ラップ、バッグ、ラベル)

最終用途別セグメント:(食品、肉、鶏肉、魚介類、スナック、ベーカリー、菓子、飲料、ヘルスケアと医薬品、電子・電気製品、その他)

素材別セグメント:(ポリ塩化ビニル、ポリオレフィン、ポリエチレン、高密度ポリエチレン、低密度ポリエチレン、直鎖状低密度ポリエチレン)

厚さによる区分:(50ミクロン未満、50~100ミクロン、100~150ミクロン、150ミクロン以上)

地域別

北米(アメリカ、カナダ、メキシコ)

欧州(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ポーランド、ロシア、オランダ、ベルギー、トルコ、北欧諸国、その他の欧州諸国)

アジア太平洋地域(中国、インド、日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランド、ASEAN諸国、その他アジア太平洋地域)

中東・アフリカ(UAE、サウジアラビア、南アフリカ、イスラエル、クウェート、カタール、オマーン、MEA諸国、その他の地域)

南米(アルゼンチン、ブラジル、南米のその他地域)

レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください: https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=bwcc18037

私たちに関しては:

私たちは業界で最高の市場調査レポートプロバイダーです。 Report Oceanは、今日の競争の激しい環境で市場シェアを拡大するトップラインとボトムラインの目標を達成するために、クライアントに品質レポートを提供することを信じています。 Report Oceanは、革新的な市場調査レポートを探している個人、組織、業界向けの「ワンストップソリューション」です。

【本件に関するお問合せ先】
E-mail:sales@reportocean.com
URL:https://reportocean.com/