山梨でおしゃれな賃貸といえば、ナチュラルテイスト賃貸のグレイスロイヤル。

賃貸物件を探す時、どうせなら友達にも自慢ができるような部屋に住みたいもの。

近年では、おしゃれなリノベーション部屋を提供する賃貸物件も増えてきたことから、お部屋探しをされる方にとっては、理想的な部屋に出会える可能性が高くなりますが、ただリノベーション賃貸の多くは「アクセントクロス」を沢山室内に使用していることから、見学時の段階では「おしゃれな部屋」に見えるものの、入居後「アクセントクロスの色が強すぎて」しまい、入居したことを後悔してしまう場合もあります。

賃貸でおしゃれな生活をしたいのであれば、「シンプル」な部屋を選び、入居後に「観葉植物」や「おしゃれな雑貨」等を室内に取り入れた方が、室内空間が落ち着きますので、入居後後悔しない確率が高くなります。
甲府市大里町にありますグレイスロイヤルでは、2018年より空き室を順次「リノベーション」を行っていますが、室内空間は「ナチュラルテイスト」となっているので、シンプルな部屋ではありますが、居心地がとてもよく「いつまでもいたい部屋」と実感できるような部屋となっています。

室内に使用してる色は、原則として「白」と「ベージュ」となっているので、現在お手持ちの家具と合わせやすくなり、部屋に合わせるために、わざわざ家具などを購入しなくても済むので、おしゃれな部屋にコーディネートするのが苦手な方でも、安心して模様替えをすることができます。

壁には漆喰を施工

上級グレードの部屋には、自然素材の漆喰を施工。調湿効果が期待できるので、エアコン設定温度を低くする必要性がなく、電気代節約が現実的となりそうです。

ペンダントライトが標準装備

上級グレードの部屋のみとなりますが、キッチン近くに「ペンダントライト」を設置しています。専用フックを取り付けることによって、おしゃれな雑貨などを吊り下げると、室内空間がよりおしゃれになります。

ナチュラル家具との相性◎

ナチュラルテイストの部屋のメリットは、ナチュラル家具との相性がとてもいいところ。ダイニングテーブルはIKEAで購入したものですが、お部屋ととてもマッチしているので、ここが賃貸であることを忘れさせてくれますよね。

和洋折衷型もおしゃれ

最近の賃貸業界では、洋室化が進んでいることもあり、和室部屋は新築ではまず見かけなくなり、築年数が経過している物件では、和室部屋が標準装備になっていたのが、洋室化が進んだこともあり、最近では和室から洋室に「間取り変更」する物件が増えてきています。

ただ、日本人にとって「和室」はある意味においては、あったほうがいい部屋。

なぜそのようなことが言えるのかというと、洗濯物を畳むときや、ちょっと昼寝をしたい時、または客間として使用したい時、和室が1つあることによって「様々な使い方」ができるので、本来ならば重宝する部屋といっても過言ではありませんが、ただ賃貸で和室部屋があると、たとえきれいに使用していたとしても「退去時に表替えをしなければならない」「表替え費用はご入居者様負担」となってしまうことから、それならば和室部屋がある賃貸には住まないほうが得と考えるお客様が増えてしまったことにより、賃貸業界における和室部屋のニーズは、減少してしまいました。

和室部屋を洋室に間取り変更するのは、それほど難しいことではありませんが、ただ和室を洋室に変更したとしても「押入」や「木製の窓枠」等はそのまま利用することになってしまうので、違和感を感じてしまいます。
当物件では、もともと和室部屋が標準装備になっていましたが、和室の魅力をもっとたくさんの人に知ってほしいとの願いから、あえて和室部屋を残したリノベーションを展開しています。

表替えが原則不要に

当物件で採用している畳は、和モダン空間が魅力的なおしゃれな琉球畳。
琉球畳は通常の畳と比べて「日焼けがしにくい」ことから、退去時の表替えは原則不要。つまり退去時に表替え費用を出さなくてもいいことになります。

赤ちゃんに優しい和室

畳と聞くと「ダニが発生しやすい」と思う方が多いと思います。ただ当物件で採用している琉球畳は「和紙」が原料となっているため、通常の畳と比べて「ダニの発生」を抑えてくれます。

布団の収納がとても便利

和室部屋があることによって、押入が標準装備となっていることによって、季節ものの布団や、お子さんのおもちゃ等を収納する時、とても便利。
棚が設置されているので、使うものと使わないものとで、収納を分けることができるので、利便性が高い収納と言えます

生活音対策

賃貸物件におけるクレームでは、足音などの生活音問題が非常に多く発生していますが、畳には「クッション性能」があることから、通常の洋室と比べると、吸音効果が期待できるので、クレームに発展しにくくなります。

寝苦しい夏&生活臭ともサヨナラ

人によって「睡眠時間」は異なるものの、一般的には6~8時間は寝室で過ごすことになりますが、寝ている時には「汗をかいてしまう」「換気ができない」ことから、どうしても生活臭が発生しやすくなってしまいます。
また夏場は、夜になっても気温と湿度が下がりにくくなるため、エアコンを使用しなければ、生活することが難しくなってしまいます。ただ、人によって「快適なエアコン温度」は異なるので、ご夫婦の寝室が同じの場合、熟睡することができにくい場合もあり得ることから、睡眠負債を訴える方も出てきやすくなります。
ただ当物件の場合、上級グレードの部屋のみとなりますが、洋室にも漆喰が施工されているので、快適な睡眠をとることができます。

湿気をコントロール

調湿効果が期待できる漆喰は、室内が多湿であっても、漆喰が吸湿してくれるので、エアコンの設定温度を低くする必要性がなくなりますので、寝冷えの心配から解放され、熟睡することが可能となります。

生活臭対策

漆喰は「多孔質構造」となっているので、ニオイを分解する性質を持っていることから、通常の部屋と比べると、ニオイが気にならなくなります。

賃貸で「省エネ生活」「ニオイ対策」をしたいと思っても、なかなかできないケースが多いのですが、山梨おしゃれ賃貸・グレイスロイヤルのリノベーション部屋ならば、漆喰を用いたリノベ―ションを行っているので、誰でも簡単に「省エネ生活」や「生活臭対策」を行うことができます。さらに本物の無垢材を使用したナチュラルキッチンを始め、アンティークなドアノブなど、出来る範囲内において「おしゃれ空間」を演出していることから、賃貸物件ではありますが、賃貸離れした生活を送ることが可能となり、誰もがおしゃれな生活を送ることができるので、おうち時間が長くなった今の時代には、ぴったりの部屋といえそうですね。

今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。