「アニヴェルセル総研」 第68弾、恋愛・結婚意識調査 結婚式、婚約指輪、ハネムーン… 結婚を迎えるカップルが、お金をかけてでもこだわるポイントを調査

 全国でゲストハウスウエディングを中心に、様々な記念日プロデュース事業を展開しているアニヴェルセル株式会社(代表取締役社長:松田  健一)は、継続的に実態調査を行い、ホームページ上に設置したコンテンツ「アニヴェルセル総研」(https://www.anniversaire.co.jp/brand/pr/soken1/)に調査結果を公開しています。
 第68弾は、全国の20代~30代の未婚・既婚男女824名の方を対象に、「結婚前後の様々な大きな出費において、予算を超えてでもこだわったものは何ですか?  理由と共にお答えください。未婚の方は、結婚の際にこだわりたいものをお答えください。」というアンケート調査を行いました。
 一般の方々の考えから見えてきた、「結婚に関するこだわりのポイント」についてレポートします。  

イラスト
イラスト

 アニヴェルセル株式会社では、「幸せは、祝福されると記念日になる。」というコンセプトのもと、「アニヴェルセル総研」を通して、恋愛・結婚にまつわる様々な情報を発信してまいります。

いまどきカップルは結婚にまつわるイベントについて、どんなことにお金を使っている?
半数近い人が選んだ1位の回答は意外にも…!  
 結婚の前後はなにかと出費が増えるもの。プロポーズや婚約にはじまり、挙式、ハネムーン、新居の準備など、独身時代に結婚資金として準備していた貯金があったとしても、油断をするとあっという間に心細いことになってしまいます。
しかし結婚は一生に一度のこと。後々後悔しないように、可能な限り予算をかけて個々のイベントをこなしていきたいと思う方が多いことでしょう。
 いまどきのカップルは、どんなモノやコトにこだわりを持っておカネを使っているのでしょう。  

 アンケートは、「婚約指輪」「結婚式」「ハネムーン」「新居」「家具」「全部」「どれもこだわらない」「その他」の8つの選択肢の中から複数回答で答えていただきました。
それでは早速、各回答の理由と共にアンケートの結果をご覧ください。  

アンケート グラフ
アンケート グラフ

・1位 どれもこだわらない(46.6%)
1位になったのは意外にも「どれもこだわらない」でした。約半数の方がこの回答を選んでいます。回答理由を見ていると、本来なら「こだわりたい」のに、今後の生活の為に経済的な理由などから「こだわれない」という方も含まれているようです。

回答理由

記念だけど結婚後の子育てなり二人の生活にお金をかけたいので。(25歳  男性)
無理をすると後悔しそうなので身の丈にあった出費にしたい。(29歳  女性)
老後のことも考えて、少しでも出費を抑えたい。(29歳 女性)
 
・2位 結婚式(16.1%)
2位は「結婚式」。16%の方が選んだこの回答が事実上の1位かもしれません。結婚式はなんといっても「結婚」にまつわるメインイベントであり、生涯に一度の大切なイベントでもあります。そう考える方たちが、結婚式を予算を超えてでもこだわりたいものとして選んでいるようです。

回答理由

パートナーが輝ける場所であり、後悔してほしくなかったから。(37歳  男性)
一生に一度の式に心残り無いように、やりたいことを詰め込んだから。(26歳  女性)
人生で大事な晴れ舞台の一つだと思うから。(20歳 女性)
 
・3位 新居(14.2%)
3位に入ったのは「新居」。14%の方が選びました。指輪や旅行といった記憶に残るイベントよりも、「新居」を選んだ方は、これからはじまる新しい生活を見据えている方なのかもしれません。

回答理由

くつろげる場所は一番大切だと思うから。(30歳 男性)
生活するのに妥協しちゃいけない所だと思うから。(38歳 女性)
 
・4位 ハネムーン(13.5%)
4位は「ハネムーン」。まさに幸せの絶頂で、一生に一度の“夢の時間”といえるかもしれません。そんなハネムーンにこだわる気持ちは誰にもうなずけるものではないでしょうか。

回答理由

おそらく一生に一度になるし、仕事をしていれば、まとまった休みも取りにくいから。(39歳 男性)
共働きでなかなか長期の休みが取れないので。(36歳 女性)
 
・5位 婚約指輪(7.8%)
5位に入ったのは「婚約指輪」でした。婚約の象徴の一つといえるのが婚約指輪です。プロポーズをする男性にとっては、結婚に対する決意や想いを形として表すものが婚約指輪であり、こだわりの対象ともなるのでしょう。女性としても、一生残り続ける思い出としてこだわりの強いポイントなのかもしれません。

回答理由

一生に一度の事なので頑張って奮発したい。(34歳 男性)
一生残り、常につけているため。(37歳 女性)
 
・6位 家具(6.9%)
6位は「家具」。3位の「新居」と同様に、新しくはじまる生活に向かって歩み始める喜びが感じられる回答だと思います。

回答理由

良いものに囲まれたい。(38歳 男性)
気に入らないもので妥協すると、ずっと使っていくのに後悔しそうだから。(28歳  女性)
 
・7位 全部(3.6%)
7位は「全部」。全てのことにこだわりたい、と回答した方も僅かながらにみられました。経済的に許されるなら、それは多くのカップルの本音といえるのかもしれません。

回答理由

全部大切だと思うから。(31歳 男性)
最初が肝心。(38歳 女性)  

あなたの本当にこだわりたいことは、きっと一生分の思い出につながる。
恋人から夫婦へと変わる「結婚」、それはまさに人生の一大転機。そしてその転機にはいくつものイベントが付随します。それらのイベントをわがままに、後悔のないように成し遂げたいと思うのは当然の心理でしょう。
でも、改めてお金をかけてでもこだわりたいことについて問われると、今後の生活のことが頭によぎり、意外と回答に詰まってしまうのかもしれません。それでも実現したい・実現して良かったと思うイベントこそが、一生大切にできる思い出となっていくのではないでしょうか。  どうか、その日を大切に。  

レポート記事のご案内

当リリースの内容をもとに、アニヴェルセルの編集スタッフが一般のお客様に読みやすい記事へと編集したレポートを公開しています。こちらで使用している記事およびグラフやイラストなども、当社のリリースであることと、当該掲載記事へのリンクを掲載いただける場合は、自由にご利用いただけます。合わせてご利用ください。
アニヴェルセル総研: https://www.anniversaire.co.jp/brand/pr/soken1/
クレジット:アニヴェルセル株式会社  

調査概要

表題: 「恋愛・結婚意識」に関する実態調査
調査方法:  インターネット調査
調査期間:  2019年4月15〜16日
調査対象:  全国20歳~39歳未婚・既婚男女824名