【茨城県日立市】大人気イベント『夜の動物園』開催!

閉園後の動物園で 普段見ることができない動物たちの”夜の姿”を!!

 太平洋を臨む小高い丘にあり、野生に近い飼育環境での展示や動物とのふれあいイベントなどにも定評がある茨城県内唯一の動物園「日立市かみね動物園」。
 
 そんな、かみね動物園で大人気の夏の恒例イベント「夜の動物園」が開催決定!

 猛暑が続く今夏、涼しくなる夜の時間に、普段見ることができない動物たちの様子や、夜の動物園の雰囲気をお楽しみください!

動物たちの「夜会」へようこそ

入園すると迫力あるゾウがお出迎え
入園すると迫力あるゾウがお出迎え

開催日時

令和4年8月11日(木・祝)~15日(月)
開催期間中は午前9時から午後9時まで開園(最終入園午後8時15分)


進化し続ける『かみね動物園』から目が離せない!!

夜の動物園だけでなく、昼間(通常営業)のかみね動物園も魅力がいっぱい!

 2018年11月には全国初のウミウと爬虫類の複合施設「はちゅウるい館」がオープン。
 また、2020年12月にオープンした「ニホンザルのひろば」では、高さ約7メートルのタワー遊具で生活するニホンザルを、展望デッキやガラス張りのスペースから、立体的に観察することができます。

 また、昨年7/10(土)には『レッサーパンダの竹林』がリニューアルオープン!
 「高いところが好き」という習性を考慮し、背の高いアスレチックや階段、梯子といった、高さを活かした工夫が施されています。レッサーパンダのリアルな生態と可愛らしい姿を観察することができます。

 そして、今年の7/23(土)に新猛獣舎「がおーこく」がついにオープン!
 ライオン、トラ、ジャガーといった大型ネコ科動物3種の生き生きとした姿を様々な角度から観察することができる、いま注目のスポットです!動物にとって暮らしやすく、お客様にとってもワクワク感が止まらない、そんな新猛獣舎をぜひ皆さんでお楽しみください。

 今後も、進化し続ける『かみね動物園』から目が離せません!!

詳細はこちら