【隔週刊誌に掲載!】「財界」にみんなのユニオン執行委員・岡野の随筆が掲載されました!

「みんなのユニオン」の執行委員・岡野が隔週刊誌「財界」に掲載されました

日本初の無料オンライン労働組合として発足した「みんなのユニオン」は、加入脱退から団体交渉まで、すべてオンラインで行なっています。このたび、当ユニオンの執行委員・岡野の随筆が隔週刊誌「財界」に掲載されました。

コロナ解雇は5万人超!非正規は約7割を超える!

コロナが蔓延し、人々の生活に大きな影響を与え始めてから毎月1万人のペースでコロナ解雇・雇い止めが増加しています。

9月8日の時点で、コロナ解雇・雇い止めが5万2千人を超えました。そのうち7割を超えたのが、非正規の働く人たちです。

みんなのユニオンには、不当に解雇された組合員からの相談が続々と寄せられています。世間では5万人を超えた解雇者の中に、果たしてどれほどの不当解雇があるのかと、考えると恐ろしくなります。

不当な解雇などをされた組合員のお力添えをするのが私たち「みんなのユニオン」の活動です。

このたび、隔週刊誌「財界」にて、岡野がみんなのユニオンについて語っていますので、その一部をご紹介します。

これまで数十件の団体交渉が無事に解決しましたが、基本的にすべての交渉をオンラインで行いました。労働者にとって「都合の良い組合」を標榜するのが、みんなのユニオンです。(2020年9月23日発行「財界」P125より抜粋)

また、その活動の中で、経営者に向けている思いもあります。その一部が下記になります。

ただ、我々は企業にとって敵ではありません。経営者にそのズレを直すきっかけを与え、成長するための契機にしてもらいたいのです。(中略)企業と労働者が寄り添って生きる社会を根付かせるためにも、今後も全身全霊で取り組んでいきたいと思っています。(2020年9月23日発行「財界」P125より抜粋)

働く人のお悩みは絶えない!相談件数増加中!

みんなのユニオンの活動は主に2つです。
①職場環境に悩む組合員の依頼を受け、匿名で、会社に調査と是正を求める通知書を送る
②不当解雇、雇い止め、内定取り消し、セクハラに関し無料相談を受け付け

例えば、通知書を送付したお悩みですと以下のようなものがあります。
・突然の内定取り消しをされた
・一方的に給料を減らされた
・明日から来なくていいと言われ不当解雇された
・パワハラを認めようとしない
・有休取得を断られた

上記は一部となり、その他のお悩みは当ユニオンのサイトでご覧いただけます。

また、不当解雇など無料相談の案件は、当ユニオンが団体交渉を行うことにより、組合員が解決金を得て次のステップに進むことができています。

解決実績の一部を、下記にご紹介します。

みんなのユニオンには、労働問題の専門家がいます。
裁判や労働審判における相場感、数々の交渉経験を背景に労使双方が納得できる交渉を実現しています。

「不当解雇された……」

「一方的にクビと言われた……」

コロナ禍の中で厳しい状況に立たされている方、ぜひ当ユニオンの専門家に悩みを相談しませんか?
組合費も相談も無料です!まずはお気軽にお電話ください!

お問い合わせ

【みんなのユニオン】
・組合費永年無料
・47都道府県どこからでも加入可能
・加入はオンラインでのご記入だけ(3分程度)
・脱退自由
・組合の手伝い義務など、あらゆる負担なし

ホームページ:https://uaas.jp/
メールアドレス:info@uaas.jp
電話番号:0120-984-406
(24時間365日受付:※休日夜間は受付専用となります)
担当者:細谷