【北海道 東川町】町内の働く人と仕事を発掘してつなぐ地方創生事業 「しごとコンビニ」が、町初となるグッドデザイン賞を受賞!

「地域・コミュニティづくり」で2020年度受賞

北海道 東川町の地方創生事業のひとつとして、「ひとづくり」×「しごとづくり」を官民連携で取り組む、業務委託型短時間ワークシェアリング事業「しごとコンビニ」が、10月1日にグッドデザイン賞の「地域・コミュニティづくり」の部門にて、2020年度受賞したことをお知らせします。

「地域・コミュニティづくり」で受賞

東川町で実施している「しごとコンビニ」は、企業や個⼈の⽅の「ちょっとだけ⼿伝ってほしい」という声と、住⺠の「ちょっとだけ働きたい」をつなげる仕組みです。しごとコンビニでは、企業に雇⽤されることなく、⾃分の都合や希望に合わせて、⾃分らしく働くことができる制度として、2020年4月からスタートしました。
この度、「地域の働く人と仕事を発掘してつなぐ仕組み /しごとコンビニ」として、グッドデザイン賞2020年度賞を受賞しました。

受賞理由(発表内容抜粋)

「業務委託というフレームを利用し、働く時間・頻度・場所などを選べるしくみを構築、これまで年齢制限などの条件で働く場所がなかった高齢者や子育て中のママなども、無理なく働ける環境をデザインした。雇用以外の仕事のあり方を、スマートな形で見せてくれた。人手不足により継続や発展が困難な事業者にも有効なしくみであり、労使両者にていねいに寄り添う姿勢は、地方での仕事のマッチングのあり方の指針になる。登録者数や実施報酬額も多く、その成果も高く評価した。」

「しごとコンビニ」スキーム

・「しごとコンビニ」は、事業所や個人の「ちょっとだけ手伝ってほしい」という“しごと”のニーズと、町民の「ちょっとだけ働きたい」という“はたらく”ニーズをつなぐ事業。
・仕事を時間と業務内容で分解 × 足りないスキルを育成・フォロー × チーム制で強みを生かし弱みをカバー × 業務委託で時間の自由度を持たせ、時間や年齢等がネックで働けない高齢者や子育てママ等が活躍していることが特徴。
・収入を得るだけでなく、社会や人との繋がり、やりがいや生きがい、居場所を得ている。
https://shigoto-conveni.jp/

運営・協力

運営:東川町しごとコンビニ事務局(株式会社東川振興公社)
協力:東川町
連携:一般社団法人つながる地域づくり研究所、株式会社はたらこらぼ