全国のワークスペースが使える法人向けシェアリングサービス「anyplace パスポート」を利用することで、提携している宿泊施設を キャッシュバックサービスにより1泊あたり1,000円安く利用できるようになります

この度、全国のワークスペースが使える法人向けシェアリングサービス「anyplaceパスポート」を提供する「キャップクラウド株式会社(東京都渋谷区、代表取締役CEO:萱沼徹、以下キャップクラウド)」は、新たに宿泊施設と提携し、anyplaceパスポート会員が提携施設に宿泊する際に1泊あたり1,000円のキャッシュバック特典を受けることができるようになりました。”宿泊提携”は2021年1月1日より半年の試験導入期間を経て、2021年7月1日より正式リリースします。

◼「anyplaceパスポート」とは

anyplaceパスポートは、テレワークを進める企業様に向けた、サードプレイスオフィスのシェアリングサービスです。ワークスペースを提供したい側と利用したい側のニーズをマッチングすることで、スペースの有効活用を図り、働き方改革を推進します。都心のコワーキングスペースや郊外のカフェ、地方のワーケーションに適したゲストハウスや綺麗なホテルラウンジ等、さまざまな施設をワークスペースとして利用出来ます。また、企業様側では「誰が・いつ・どこで」働いているのかといった勤務状況をリアルタイムに把握することが可能です。働き方改革を推進するためのツールとしてご活用いただけます。
(anyplaceパスポート:https://anyplace.jp/anyplace-passport/

◼「anyplaceパスポート」の提携種別について

<提携種別は2種です>
(1)ワークスペース提携
(2)宿泊提携

【ワークスペース提携とは】
コワーキングスペース、飲食店、ホテルラウンジや貸し会議室などをワークスペースとして時間利用できる提携種別です。
【宿泊提携とは】
ホテルやゲストハウス等の施設を宿泊利用する際にキャッシュバック特典を受けることができる提携種別です。

これまでワークスペース提携のみを提供していましたが、世の中のニーズに応えるため新たに宿泊提携を用意することになりました。

◼「宿泊提携」の導入によるメリットについて

<提携する宿泊施設のメリット>

◎集客コストを減らせる

・各宿泊施設の自社予約サイトにanyplaceパスポート会員を誘導することにより、宿泊施設は外部の宿泊予約サイトに手数料を支払わなくて済む

◎時流に合った施設運営ができる

・宿泊施設にanyplaceの端末を設置するだけで手間やコストをかけることなく、ワーケーションを促進する機能を有することができる

◎新たな費用を捻出する必要なく、顧客満足度を上げられる

・現在の提供価格を変更することなく、宿泊利用者の宿泊費用に関する満足度を上げることができる
 ※キャッシュバック費用はキャップクラウドが負担します

<anyplaceパスポート会員のメリット>

◎経費の削減ができる

・宿泊時にかかる費用が1泊あたり1,000円安くなる

◎ニューノーマルな働き方を実現できる

・anyplaceパスポートのライセンスを保有することで、「テレワークしやすい仕組み」と「ワーケーションしやすい仕組み」を同時に整えることができる

◎社員のロイヤリティが向上する

・現在、「テレワーク場所=自宅」になっているケースが多く、日常的に接するコミュニティが「家族」か「仕事上関わる
人」に絞られている
・「自宅」か「仕事場」のどちらかの人間関係がうまくいかなくなったときに息詰まってしまい、精神的に課題を抱えてしまうことがある
・そのため、いつもと異なる場所で仕事や宿泊をすることで「外」との接点を増やし、会社としてリフレッシュの機会を設けることでロイヤリティの向上に繋がる

◼利用料金

\提携を検討される宿泊施設の方/

導入費用0円、利用料金0円にて提携することができます。そのほか費用も一切発生いたしません。
興味のある方は、下記のURLからお気軽にお問い合わせください。
https://form.run/@anyplace-passport-contact

\anyplaceパスポートの新規契約を考えている方/

【定額プラン】月額1ライセンス33,000円(税込)で、全国185箇所ある提携施設が利用できます(6月28日時点)。
興味のある方は、下記のURLからお気軽にお問い合わせください。
https://form.run/@anyplace-passport-contact
※提携施設数にはワークスペース提携と宿泊提携の2種の施設が含まれています
※宿泊提携は定額プランのみご利用可能です(従量プラン不可)

◼キャップクラウドについて

「働き方、パーソナライズ」を基本理念として掲げるキャップクラウド株式会社は、独自プラットフォームで展開するパブリッククラウドサービスを軸とする「フォーカスユー事業」と、クラウドツールを中心とするITツールを統合して中小企業の業務効率化支援を行う「クラウドインテグレーション事業」を展開。一人ひとりが自分らしい働き方を選択できる社会の実現を目指し、従業員に多様な働き方の選択肢を提供しています。

・所在地:東京都渋谷区渋谷1-8-3 TOC第1ビル8F
・代表者:代表取締役CEO 萱沼 徹
・事業内容:中小企業向けクラウドソリューション事業
・設立年月:2014年1月6日
・ウェブサイト:https://capcloud.co.jp/

<記事に関するお問い合わせ>

キャップクラウド株式会社(東京都渋谷区渋谷1-8-3 TOC第1ビル8F)
担当者:松永文音(まつなが あやね)(執行役員 兼 社長室室長)
E-Mail:PR_info@capcloud.co.jp
TEL:080-7707-7653(担当者直通/広報に関するお問い合わせはこちら)
   050-2018-7498(anyplaceパスポートの導入検討をされている方はこちら)