デジタルアーティストKEIGO INOUEとAtmophのコラボプロジェクトが始動。『AKIBA METROPOLIS』を窓の風景として配信開始

世界とつながる窓、Atmoph Window 2を開発・販売するアトモフ株式会社 (所在地:京都市中京区、代表取締役:姜 京日) は、デジタルアート界で注目を集めるデジタルアーティストKEIGO INOUE (ケイゴイノウエ) とのコラボレーションプロジェクトを始動します。8月18日 (木) 本日、KEIGO INOUEが手掛ける近未来の秋葉原を舞台にした『AKIBA METROPOLIS』の風景をAtmoph Window 2で配信開始、以降もKEIGO INOUEの生み出すサイバーパンクな世界観をAtmoph Window 2を通してリリース予定です。

キズナアイ (Kizuna AI)、Eve、Ado、CY8ERなどのアーティストとコラボレーションを発表してきた、デジタルアーティストKEIGO INOUE。そんなKEIGO INOUEが近未来の秋葉原を舞台に、ポップなイラストとビビットなネオンでサイバーパンクな世界観を作り出す『AKIBA METROPOLIS』の風景を、Atmoph Window 2で配信開始します。風景は、Limitlessプランへの加入、または個別購入 (シングル590円、パノラマ990円) にて本体にダウンロードいただけます。

今回の『AKIBA METROPOLIS』配信を皮切りに、引き続きKEIGO INOUEの作り出す世界観をAtmoph Window 2を通して体験いただけるサービスや製品をリリース予定です。

『AKIBA METROPOLIS』について


近未来を創造する作品を生み出すデジタルアーティスト、KEIGO INOUEによる風景。実際の街にプロジェクションマッピングで自身のイラストと共に近未来のサイバー空間を作り出す『Virtual World Graph』プロジェクトの一環として誕生しました。

KEIGO INOUEのビビットな色使いとモーショングラフィックスやエフェクトで表現されるサイバーパンクな世界観は斬新で、SNSで発表した自身のイラストを街のサイネージに見立てた映像『Virtual Akihabara』を皮切りに様々なアーティストの目に留まり、キズナアイ (Kizuna AI)、Eve、Ado、CY8ERとのコラボレーションを発表してきました。

KEIGO INOUEプロフィール


大阪府出身。ゲーム会社でキャラクターモデラ―として勤務後、漫画家のアシスタントを経てイラストレーターの活動を開始しました。現在は映像クリエイターやイラストレーターなどマルチで活動、新時代デジタルアーティストの可能性を追求しています。

Official Web Site:https://www.keigo-inoue.com/
Twitter:https://twitter.com/mushiki_k
Instagram:https://www.instagram.com/keigoinoue_2020

Atmoph Window 2とは

Atmoph Window 2は、Atmophが独⾃で4K/6K撮影した1,400本以上の⾵景映像とリアルなサウンドで、お部屋に開放感と癒しの時間をもたらします。2019年にクラウドファンディングサイトIndiegogoとMakuakeで発表した際は、総額で1億円の支援を受けました。

在宅ワークの需要が増える中、窓から風景を眺めることで旅行に行っている気分になれるだけではなく、Googleカレンダーとの連携や決まった曜日と時間にアラートができるデイリールーティーン機能など、ユーザー個人個人の生活を便利にできる機能を兼ね備えています。

また、Atmoph Window 2は「進化する窓」として通年を通してソフトウェアのアップデートを行っています。自身で撮影した風景をアップロードできる機能の追加や、2022年の春にはカメラモジュールを使ったジェスチャー機能もリリースしました。これからも、新しい機能や体験をお届けして いきます。