フレイル予防講演会Web配信

広島県福山市では、フレイル予防について取り組んでいます。
広く市民に周知するため, 2020年(令和2年)8月30日(日)広島県民文化センターふくやまにおいてフレイル予防講演会を予定しておりましたが,新型コロナウイルス感染症の発生状況を踏まえ,会場での開催は中止しました。
このたび,講演内容をYouTubeで動画配信いたしますので,ぜひ視聴してください。

フレイルとは 「おとろえ予備軍」 です

「フレイル」とは,加齢に伴って筋力や心身の活力が低下し「健康」と「要介護」の中間の虚弱な状態にあることを言います。
フレイルの兆候に早く気づき,日常生活を見直すことで,進行を遅らせたり健康な状態を取り戻すことができます。

動画内容  約90分

(1)福山市長挨拶  福山市長 枝直幹

(2)「フレイル予防で健幸長寿」:
    福山市政策顧問,国家公務員共済組合連合会虎の門病院顧問 大内(おおうち) 尉(やす)義(よし)さん 

(3)「モノわすれ対策」:福山市医師会 中川(なかがわ) 浩一(こういち)さん

(4)「オーラルフレイルについて」:福山市歯科医師会 平井(ひらい) 浩二(こうじ)さん

(5)「元気印の食生活でフレイルを防ごう」:福山地域活動栄養士会 樫野(かしの)和子(かずこ)さん

(6)「福山市のフレイル予防事業について」:福山市保健部参与兼健康推進課フレイル対策担当課長

動画配信期間

2020年(令和2年)9月15日(火)~12月25日(金)

福山市について

福山市(市長:枝広 直幹)は、瀬戸内海沿岸のほぼ中央、広島県の東南部に位置し、高速道路網のアクセスが良く新幹線「のぞみ」も停まる、人口約47万人の拠点都市です。
福山市には四季折々の美しさを見せる自然、温暖な気候、海・山・川から得られる恵みがあります。100万本のばらが咲き誇る「ばらのまち」としても知られ、潮待ちの港として栄え日本遺産に認定された景勝地「鞆の浦」や、JR福山駅の新幹線ホームから見え、2022年には築城400年を迎える「福山城」、2つの国宝をもつ寺院「明王院」などの名所があります。
産業としては、鉄鋼業や繊維産業など多様な製造業が集積し、ものづくりのまちとして発展してきました。デニム生地は、世界のハイブランドにも活用されるなど高い品質が評価されています。

福山市公式ホームページ