本日薬事承認!ノババックス社製 新型コロナワクチン「ヌバキソビット筋注」他とは?のワクチンとの違いなど当社専属の管理薬剤師が解説

セントラルメディエンス、「産業医ラボ.com」コラム更新のお知らせ

 産業医と企業をマッチングするサービス展開するなど、企業のヘルスケアをサポートする産業医ラボ.comを運営する株式会社Central Medience(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:中川隆太郎、以下産業医ラボ.com)は、本日承認された新型コロナワクチン「ヌバキソビット筋注」について当社専属の管理薬剤師がご紹介するコラムを更新しましたのでお知らせいたします。

■本日承認された新型コロナワクチンとは?

 本日、国内4例目の新型コロナワクチンが承認されました!
以前にも紹介しましたが今回2022年4月19日付けで承認されたのは、米国ノババックス社製「ヌバキソビット筋注」(一般名:組換えコロナウイルスSARS-CoV-2ワクチン)です。

米国製の新型コロナワクチン「ノババックス」は、従来のワクチンと何が違うの? 3回目の追加接種の選択肢となるか?

このワクチンはノババックス社から技術移転を受けて武田薬品工業が自社の工場で製造、販売され、すでに1億5000万回分の供給契約が結ばれ、今後安定供給が期待されます。


■他の新型コロナワクチンとの違いは?

 “ヌバキソビット筋注“はSARS-CoV-2の組換えスパイク蛋白質(rS)抗原を含有します。スパイク(S)蛋白質は、組換えバキュロウイルス発現系を用いて製造されます。
この組換えタンパクワクチンの手法は帯状疱疹や破傷風、B型肝炎ワクチンですでに実用化され安全性が確立されています。


■接種対象者や接種回数、いつから開始?

接種対象者は18歳以上で初回免役1回0.5mlを2回、3週間の間隔をおいて筋肉内に接種します。
接種回数については、ほかの種類のワクチンと混同することなく2回接種が基本となります。追加免役(3回目)は少なくとも6か月経過した後に接種することができます。

これまでのmRNAタイプのワクチンでアレルギー反応などのため接種できなかった方には朗報であり、また選択枝が増えたことで国内のワクチン接種率が上がることが期待されます。
早ければ5月下旬にも接種が開始される見込みです。




■ 執筆 ■
竹内 敦子
たけうち あつこ
株式会社Central Medience
薬事センター管理薬剤師

昭和55年に薬剤師免許を取得。
その後、医学部臨床病理学で生化学研究室勤務。
後、消化器内科学にて肝炎ウイルスの遺伝子解析、がん腫瘍マーカーなどの研究に携わる。
現在は、株式会社Central Medienceの薬事センターにて
専属薬剤師として活躍している。


株式会社Central Medience

代表者:代表取締役 中川隆太郎
所在地:〒221-0052 横浜市神奈川区栄町2-9 東部ヨコハマビル3F
事業内容:産業医紹介、メンタルヘルス対策、医療コンサルタント事業 他
公式HP:https://centralmedience.com/