【茨城県日立市】TURNS×スカロケ移住推進部がコラボ!「ひたちぐらしオンラインイベント」が2/4に開催!

これからの”地方で暮らす”を考える。日立市で人とつながる場所を見つけませんか?

 「日立市への移住とは?」「地方での暮らしとは?」について、ゲストを招いて考える『ひたちぐらしオンラインイベント』を開催します!
 今回は、日本の”地域”をテーマに「ローカルで暮らす魅力」などを伝える雑誌TURNSと、東京FMの人気番組「スカロケ移住推進部(Skyrocket Company)」がコラボ!
 TURNSプロデューサーの堀口正裕さんと、スカロケ移住推進部の浜崎美保さんに加え、日立市を中心に活動する日立市在住の2人のゲストを迎え、地方での暮らしについて考えるオンラインイベントです。

 ぜひ、ご参加ください!

オンラインイベントについて

イベント概要

開催日:2022年2月4日(金)
時 間:19:30~21:00(19:00受付開始)
会 場:オンライン(ZOOM/Facebook LIVE配信)
定 員:なし
参加費:無料

詳しい情報・参加申し込み

こちらからも参加申し込みできます!

日立市在住のゲストはこの2人!

菅原広豊さん

茨城移住計画代表。Hitachifrogs organizer。

1984年生まれ。秋田県秋田市出身。茨城県日立市在住。大学卒業後、大手ディベロッパー、社会インフラの営業を経験。2020年4月に独立。「誰もが才能や強みを発揮する社会をつくる」がミッション。FROGS社イノベーター育成者ライセンス第一号取得者。年間100件以上の学生メンタリング。人それぞれに合った適切な人と場のマッチングを強みに、現在も地域のコネクターとしてプラットフォームを作り、茨城県内だけではなく県外も含め多種多様な人をつないでいる。

佐藤駿さん


茨城県日立市出身のシンガーソングライター。

学生の時は野球を10年続けていた。その後、長野県軽井沢でホテルマンとして勤務。後に仕事を辞め、2017年より神奈川県横浜で本格的に音楽活動スタート。そして2020年、地元の茨城(日立)に拠点を移して活動している。2021年、BCリーグ:茨城アストロプラネッツの応援ソングを担当。勇気や感動、そして笑顔を届けられるアーティストを目標としている。

「日立市」ってどんなまち?

 日立市は茨城県の北東部に位置するまちです。
 ”世界のHITACHI”に代表されるように、ものづくりのまちとしてのイメージを持つ人も多い日立市ですが、でも実は、生きる上でのベーシックなポテンシャルが高いまち。
 夏涼しく冬暖かく、空気がきれい。多くの場所から海が見え、昇る朝日は美しい。そして、地場で獲れる魚や野菜がとてもおいしい。
 こんなまち、ほかにあるようでなかなかありません。

”日立市での暮らし”や”お試し移住”の情報はコチラ!