コロナ禍でも教育革新を止めない郁文館独自のデジタルキャンパス化構想

~DX日本一のモデル校を目指して~

学校法人郁文館夢学園が運営する郁文館中学校、郁文館高等学校、郁文館グローバル高等学校、ID学園高等学校(東京都文京区、理事長・校長:渡邉美樹)は、2021年1月に郁文館デジタルキャンパス化構想を宣言し、一人1台のデバイス環境によるオンライン授業はもちろん、デジタル教材・機器を用いての授業効果の向上、学習履歴や面談結果のデータ化によるカウンセリング効果の向上など、DX日本一のモデル校を目指して様々な課題への取り組を行っているその内容について発表します。

背景

本学園が推進する夢教育では、生徒一人ひとりに夢を持たせ、追わせ、叶えさせることを大切にしています。
生徒たちは、それぞれの夢に向かってPDCAサイクルを回しており、教員は生徒の目標設定や経過に合わせた学習プログラムの提示やフォローを行います。当然、生徒一人一人、性格はもちろん夢の内容、到達方法は異なりますので、
教員には高い能力が求められるとともに、個別最適なフォローが可能な教育環境が欠かせません。この環境整備こそが、デジタルキャンパス化構想です。

デジタルキャンパス化計画

生徒1人1台のデバイスやデジタル教材を活用して生徒たちの学力向上を支えます。また、ICT設備を活用した効果的、効率的なアクティブラーニング環境を整備し、生徒の思考力・表現力・判断力を育成していきます。同時に、教員のアナログ的作業を大幅に削減することで、生徒と向き合う時間を創出します。また、生徒の夢や成績、面談記録等を集約した『生徒カルテ』を元にしたカウンセリング面談を実施することで、より一人一人にあわせた効果的な夢教育を実現していきます。

郁文館夢学園 デジタルキャンパス化計画
郁文館夢学園 デジタルキャンパス化計画

次世代型学習施設「FUTURE LAB」

6台のプロジェクターと壁面を利用した巨大スクリーンのほか、最新型のパソコンや3DプリンターなどのICT機器を有する次世代型の学習施設「FUTURE LAB」が新たに誕生!留学生・海外姉妹校との遠隔授業や理科実験の実演、プレゼンテーションやポスターセッションなど、実社会でも活用されているコミュニケーションやプレゼンテーション手法の先端を取り入れた授業を実現することで、グローバルな視点をより体験的に学ぶことができます。

Google Japan G.K.からGoogle for Education事例校の認定を授与

2015年度より、1人1台端末と、高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備することで、子どもたち一人一人に個別最適化されたICT環境をつくってきました。同時に、Google社の「Google Workspace」を全生徒、全教職員が活用しています。オンライン上の「Google Classroom」にて、クラス一人ひとりの課題提出・進捗状況を管理したり、授業での情報発信はもちろん、Google フォームで意見を集約したりと、効果的に活用しています。こうした、オンライン授業含めた一歩先行くICT教育の実践がGoogle社から認定されました。これは高校の中では全国で8番目の認定となります。

2024年(令和6年)のデジタルキャンパス化構想完成を目指して、ICT教育・DX学校経営モデル校への挑戦は続いています。
「DX日本一」を実現するために郁文館夢学園は、常に変化し、挑戦し、革新します。

学園紹介

学校名: 学校法人郁文館夢学園
     (郁文館中学校・郁文館高等学校・郁文館グローバル高等学校・ID学園高等学校)
所在地: 〒113-0023 東京都文京区向丘2-19-1
創立 : 1889年(明治22年)
生徒数: 1,441名(2021年4月1日時点)
理事長: 渡邉 美樹
URL  : https://www.ikubunkan.ed.jp/

アクセス

東京メトロ南北線「東大前」より徒歩5分。
その他にも2路線3駅より10分以内で通学が可能なので、神奈川、千葉、埼玉からのアクセスも便利です。
 ・東京メトロ南北線「東大前」駅 徒歩5分
 ・東京メトロ千代田線「根津」駅 徒歩10分「千駄木」駅 徒歩10分
 ・都営三田線「白山」駅 徒歩10分

問合せ先

郁文館中学校・高等学校・グローバル高等学校についてのお問い合わせは下記まで。

学校法人郁文館夢学園 募集広報室 03-3828-2206