日生劇場ファミリーフェスティヴァル2021 特設サイト公開!

6/3一般発売開始 ~夏休みは日生劇場で、本格的な観劇体験を~

日生劇場ファミリーフェスティヴァル2021
日生劇場ファミリーフェスティヴァル2021

日生劇場ファミリーフェスティヴァル2021

このたび、2021年7月24日~8月29日に開催いたします「日生劇場ファミリーフェスティヴァル2021」(主催:公益財団法人ニッセイ文化振興財団[日生劇場])の特設サイトを公開いたします。

日生劇場ファミリーフェスティヴァルは、児童・青少年の心を豊かに育むことを願い、こどもたちに本物の舞台作品を提供する取り組みとして、1993年にスタートいたしました。お子さまにも分かりやすく、また大人の方にも楽しんでいただける、本格的な作品を上演し、これまで約39万名以上の方々にご来場いただいています。

2021年は、歌とお芝居とオーケストラの生演奏 物語付きクラシックコンサート「アラジンと魔法の歌」、ジャンルを超えて贈る新しい「かぐや姫」の世界 ダンス×人形劇「ひなたと月の姫」、オーケストラの生演奏で贈る名作バレエ「白鳥の湖」~日生劇場版~、オオカミとヤギの種別を超えた友情を描いた現代の名作 音楽劇「あらしのよるに」 の4演目を上演いたします。

各演目の一般発売は、6月3日(木)10:00から、日生劇場Webチケット会員の先行予約(Webのみ)は、5月27日(木)10:00からスタートいたします。
この夏は、日生劇場でバラエティ豊かな4演目をお楽しみください。

日生劇場ファミリーフェスティヴァル2021
日生劇場ファミリーフェスティヴァル2021

物語付きクラシックコンサート「アラジンと魔法の歌」

物語付きクラシックコンサート「アラジンと魔法の歌」
物語付きクラシックコンサート「アラジンと魔法の歌」

歌も!お芝居も!オーケストラの生演奏も!! まるごと楽しめるクラシックコンサート

いろいろなジャンルの音楽をオリジナルストーリーといっしょに楽しめるクラシック入門編。
手拍子などの参加で物語が進む観客参加型で、オペラ歌手や俳優陣とともに、在京オーケストラの首席奏者やソリストなど、第一線で活躍する音楽家で編成された「ニッセイシアターオーケストラ」が演奏します。

■あらすじ
音楽は本当にいらないもの!?
劇場でアラジンが歌手のカンタービレと音楽劇の稽古をしていると、カンタービレを狙う魔法使いムーサが、音楽を魔法でなくしてしまいます。
音楽のない世界は退屈!アラジンは音楽を取り戻せるのかな!?

物語付きクラシックコンサート「アラジンと魔法のランプ」(2018)より 撮影:三枝 近志
物語付きクラシックコンサート「アラジンと魔法のランプ」(2018)より 撮影:三枝 近志

■公演概要

日生劇場ファミリーフェスティヴァル 2021
物語付きクラシックコンサート「アラジンと魔法の歌」

日 程:2021年 7月 24日(土)、25日(日)
   10:30開演/15:00開演(全4回公演)
会 場:日生劇場(東京都千代田区有楽町 1-1-1)
料 金:大人 S席4,000円 A席 3,000円
子ども S席2,000円 A席 1,500円
上演時間:約110分(休憩含む)
推奨年齢:4歳~
※3歳未満入場不可。子ども料金は、3歳以上中学生以下が対象となります。
※推奨年齢は、各公演を楽しんでいただける年齢の目安です。

演出・構成:眞鍋 卓嗣 構成:粟國 淳 作曲・編曲・音楽アドバイス:加藤 昌則
出演:岩村 力(指揮)、又吉 秀樹(アラジン/テノール)、岡田 誠(ランプの精)
宮地 江奈(カンタービレ/ソプラノ)、山野 靖博(魔法使いムーサ)
演奏:塩貝みつる(コンサートミストレス)、ニッセイシアターオーケストラ

【全国公演】8/14(土) 13:00 開演 愛知県芸術劇場(演奏:愛知室内オーケストラ)

ダンス×人形劇「ひなたと月の姫」

ダンス×人形劇「ひなたと月の姫」
ダンス×人形劇「ひなたと月の姫」

ダンスと人形劇が一つになった!? 新感覚のアートな舞台! 時空を超えてめぐりあうイノチ… いざ、新しい「かぐや姫」の世界へ!

文楽の技術を継承する人形劇とコンテンポラリーダンスを融合させた、日生劇場オリジナルプロジェクト。第2弾となる今回は、日本の古典『竹取物語』を題材に、能の要素や音楽の生演奏を取り入れ、アートでエンターテインメントな舞台をお贈りします。

■あらすじ
ひなたは、ある村にくらす平凡な女の子。お祭りの夜、自分の名前をよぶ声にみちびかれて竹やぶに入り、そこで、ふしぎな光る玉を見つけます。赤ん坊のようなその玉を「かぐや」と名付けたひなた。金色に輝くかぐやは、なんと月からきた姫だったのです。かぐやとの出会いによって、ひなたの人生は、大きく変わることになるのです…。

ダンス×人形劇「ひなたと月の姫」(絵:ミロコマチコ)
ダンス×人形劇「ひなたと月の姫」(絵:ミロコマチコ)

■公演概要

日生劇場ファミリーフェスティヴァル 2021
ダンス×人形劇「ひなたと月の姫」

日 程:2021年7月31日(土)、8月1日(日)
   10:30開演/14:30開演(全4回公演)
会 場:日生劇場(東京都千代田区有楽町 1-1-1)
料 金:大人 S席4,000円 A席 3,000円
子ども S席2,000円 A席 1,500円
上演時間:約100分(休憩含む)
推奨年齢:6歳~
※3歳未満入場不可。子ども料金は、3歳以上中学生以下が対象となります。
※推奨年齢は、各公演を楽しんでいただける年齢の目安です。

原作:『竹取物語』
脚本:長田 育恵 演出・振付:広崎 うらん
出演:辻田 暁(ひなた)、松本 美里(かぐや)[人形劇団ひとみ座]
   大宮 大奨(かんた)、田根 楽子(オババ)、津村 禮次郎(村長/月の王)、人形劇団ひとみ座 ほか
音楽・演奏:渡辺 庸介(パーカッション)、ファルコン(ギター)、中西 俊博(ヴァイオリン)
※辻田 暁の「辻」は「一点しんにょう」の「辻」が正式表記

牧阿佐美バレヱ団 バレエ「白鳥の湖」~日生劇場版~

牧阿佐美バレヱ団 バレエ「白鳥の湖」~日生劇場版~
牧阿佐美バレヱ団 バレエ「白鳥の湖」~日生劇場版~

オーケストラの生演奏で贈る名作バレエ

“チャイコフスキー三大バレエ”の一つとして知られ、世界中で上演されている名作バレエ。
今回は“日生劇場版”として、見どころたっぷりの2幕・3幕・4幕をわかりやすい解説付きで上演します。
美しく幻想的な愛の物語をオーケストラの生演奏でお楽しみください。

■あらすじ
悪魔が支配する湖のほとり。白鳥狩りに来たジーグフリード王子の目の前に現れたのは、悪魔の呪いによって白鳥の姿に変えられた美しいオデット姫。呪いをとけるのは真実の愛だけと知った王子は、オデットに永遠の愛を誓うのでした…。

バレエ「白鳥の湖」
バレエ「白鳥の湖」

■公演概要

日生劇場ファミリーフェスティヴァル 2021
牧阿佐美バレヱ団 バレエ「白鳥の湖」~日生劇場版~

日 程:2021年8月20日(金)、21日(土)、22日(日)      
   10:30開演/15:00開演(全6回公演)
会 場:日生劇場(東京都千代田区有楽町 1-1-1)
料 金:大人 S席7,000円 A席 5,000円
子ども S席3,500円 A席 2,500円
上演時間:約2時間(休憩2回含む)
推奨年齢:3歳~
※3歳未満入場不可。子ども料金は、3歳以上中学生以下が対象となります。
※推奨年齢は、各公演を楽しんでいただける年齢の目安です。

出演:牧阿佐美バレヱ団
   【オデット&オディール】青山 季可/阿部 裕恵/三宅 里奈
   【ジーグフリード】清瀧 千晴/水井 駿介/石田 亮一
指揮:井田 勝大 演奏:シアターオーケストラトーキョー
芸術監督:三谷 恭三
音楽:P.I.チャイコフスキー
演出・振付:三谷 恭三(マリウス・プティパ、レフ・イワーノフ、 テリー・ウェストモーランド版に基づく)
舞台監督:賀川 祐之

音楽劇「あらしのよるに」

音楽劇「あらしのよるに」 渡部豪太(ガブ)北浦愛(メイ)
音楽劇「あらしのよるに」 渡部豪太(ガブ)北浦愛(メイ)

オオカミのガブとヤギのメイ、 仲良くなってはいけない二人が友だち同士に!?

オオカミとヤギ、「食べる側」と「食べられる側」の二匹が育む秘密の友情。友だちの大切さ、相手を思いやる美しい心を描いた名作が日生劇場に再登場します。

友だち思いの心優しいオオカミのガブ役を渡部 豪太、そのガブと秘密の友情を育む好奇心たっぷりなヤギのメイ役を北浦 愛が演じ、脇を固めるオオカミのリーダー ギロ役を大森 博史、おばさんヤギ役を平田 敦子が演じます。

音楽劇「あらしのよるに」2019年公演より(撮影:青木 司)
音楽劇「あらしのよるに」2019年公演より(撮影:青木 司)
音楽劇「あらしのよるに」
音楽劇「あらしのよるに」

■公演概要

日生劇場ファミリーフェスティヴァル 2021
音楽劇「あらしのよるに」

日 程:2021年8月28(土)、29日(日)
   10:30開演/15:00開演(全4回公演)
会 場:日生劇場(東京都千代田区有楽町 1-1-1)
料 金:大人 S席4,000円 A席 3,000円
子ども S席2,000円 A席 1,500円
上演時間:約110分(休憩含む)
推奨年齢:6歳~
※3歳未満入場不可。子ども料金は、3歳以上中学生以下が対象となります。
※推奨年齢は、各公演を楽しんでいただける年齢の目安です。

原作:きむらゆういち「あらしのよるに」(講談社)
脚本・演出:立山 ひろみ 音楽:鈴木 光介(時々自動) 振付:山田 うん
出演:渡部 豪太(ガブ)、北浦 愛(メイ)
   大森 博史(ギロ)、平田 敦子(おばさんヤギ)
   川合 ロン(バリー)、木原 浩太(タプ)、北川 結(ミィ)ほか
演奏:鈴木 光介(トランペット)、砂川 佳代子(クラリネット)、関根 真理(パーカッション)、高橋 牧(アコーディオン)、日高 和子(サックス)

日生劇場ファミリーフェスティヴァル2021

■ 実施概要
【日 程】 2021年 7月24日(土)~ 8月29日(日)
【先行発売】 2021年 5月27日(木) 10:00~(Webのみ)
【一般発売】 2021年 6月3日(木) 10:00~
【会 場】 日生劇場(東京都千代田区有楽町 1-1-1)
【特設HP】https://famifes.nissaytheatre.or.jp/

【演 目】
①物語付きクラシックコンサート「アラジンと魔法の歌」
【日 程】2021年 7月24日(土)、25日(日)
    10:30開演/15:00開演(全4回公演)
【料 金】大人 S席4,000円 A席 3,000円/子ども S席2,000円 A席 1,500円
【上演時間】約110分(休憩含む) 【推奨年齢】4歳~
※【全国公演】愛知県芸術劇場(8/14)

②ダンス×人形劇「ひなたと月の姫」
【日 程】2021年7月31日(土)、8月1日(日)
    10:30開演/14:30開演(全4回公演)
【料 金】大人 S席4,000円 A席 3,000円/子ども S席2,000円 A席 1,500円
【上演時間】約100分(休憩含む) 【推奨年齢】6歳~

③牧阿佐美バレヱ団 バレエ「白鳥の湖」~日生劇場版~
【日 程】2021年8月20日(金)、21日(土)、22日(日)
    10:30開演/15:00開演(全4回公演)
【料 金】大人 S席7,000円 A席 5,000円/子ども S席3,500円 A席 2,500円
【上演時間】約2時間(休憩2回含む) 【推奨年齢】3歳~

④音楽劇「あらしのよるに」
【日 程】2021年8月28(土)、29日(日)
    10:30開演/15:00開演(全4回公演)
【料 金】大人 S席4,000円 A席 3,000円/子ども S席2,000円 A席 1,500円
【上演時間】約110分(休憩含む) 【推奨年齢】6歳~

※②・④の公演は、後に「ニッセイ名作シリーズ」(無料学校招待公演)として、全国各地での上演も予定しております。

※新型コロナウイルス感染対策のため、今年は3歳未満のお子様の入場をお断りさせていただきます。ご家族全員でのご鑑賞を楽しみにして頂いていたみなさまには誠に申し訳ございませんがご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

【主催・企画制作】 公益財団法人ニッセイ文化振興財団[日生劇場]
【後 援】東京都 神奈川県 埼玉県教育委員会 東京都私立幼稚園連合会 東京私立初等学校協会 東京都公立小学校長会 一般社団法人東京都小学校PTA協議会 一般財団法人東京私立中学高等学校協会 東京都公立幼稚園・こども園PTA連絡協議会 東京都国公立幼稚園・こども園長会 公益社団法人神奈川県私立幼稚園連合会 横浜市立小学校長会 川崎市立小学校長会 埼玉県公立小学校校長会 千葉市小学校長会 千葉市中学校長会 関東地区私立小学校連合会 神奈川県私立小学校協会 相模原市立小中学校PTA連絡協議会 さいたま市PTA協議会
【助 成】 文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会
【協 賛】 日本生命保険相互会社