第46回 日本ケーブルテレビ大賞番組アワード 準グランプリ受賞記念放送「柳ケ瀬再開発 ~街が消えるまでの1年間~」

岐阜県にあるケーブルテレビ局 シーシーエヌ株式会社(本社:岐阜県岐阜市、代表取締役:都島國雄、 以下「CCN」)は、日本ケーブルテレビ連盟が主催する、第46回 日本ケーブルテレビ大賞番組アワードで準グランプリを受賞した。

CCNは番組が準グランプリを受賞したことを記念し、自社のコミュニティチャンネルで再放送を開始する。

番組情報

放送内容

現在、再開発ビル「柳ケ瀬グラッスル35」建設に向け、岐阜高島屋南の一角では工事が進められています。
その場所には昨年2月まで岐阜高島屋南商店街という商店街があり、長年地元の皆さんから愛されてきた場所でした。
商店街が取り壊される1年前からCCNでは取材を続け、「柳ケ瀬再開発 ~街が消えるまでの1年間~」という番組を作りました。
再開発事業による柳ケ瀬の未来へ思いを馳せながら、岐阜高島屋南商店街の最後の姿をご覧ください。

放送時間

2020年11月6日(金) 20:15~
2020年11月13日(金) 20:15~
2020年11月20日(金) 20:15~
2020年11月27日(金) 20:15~

放送局

地上波12ch:チャンネルCCN(CCN自主放送)

受賞者コメント

岐阜市の柳ケ瀬商店街という街と、そこに住む人の魅力が伝わってこのような賞を頂けたことを大変うれしく思います。
番組で取材をした方々に受賞の報告をした際は、皆様大変感激してくださいました。
今はもう見ることが出来ない商店街の姿を記録した番組であり、CCNにとっても柳ケ瀬商店街の皆様にとっても特別な意味を持つ番組となりました。
今後もCCNでは、柳ケ瀬商店街に限らず、時代とともに移り変わる地域の様子を記録し、地域メディアとして地域の財産となるような番組を作り続けていきます。