1/21(木)~近畿大学で研究中の新たな養殖魚「マアジ」を数量限定で初提供!

近畿大学(大阪府東大阪市)は、平成28年(2016年)1月21日(木)から、大阪梅田と東京銀座に出店している養殖魚専門料理店「近大卒の魚と紀州の恵み近畿大学水産研究所」にて、現在研究中である養殖魚「マアジ」を数量限定で初めて提供します。

【本件のポイント】
●近畿大学水産研究所が完全養殖の可能性を研究中である「マアジ」を提供
●本学で養殖したマアジを一般向けに提供し、養殖魚の美味しさを知ってもらう

【本件の概要】
水産養殖は、魚の徹底した生産管理により安全性が高く、食味や出荷タイミング・サイズのコントロールができるなど、多くのメリットがあります。近畿大学水産研究所では、さらなる養殖技術開発のため、平成26年(2014年)からマアジの養殖を開始しました。

このたび、その養殖マアジが出荷サイズになったため、養殖魚専門料理店「近大卒の魚と紀州の恵み近畿大学水産研究所」にて、数量限定で初めて提供します。養殖のマアジは、天然のものに比べて脂が非常によく乗っており、臭みもないため、マアジの持つ深いうま味をより楽しんでいただくことができます。本学で養殖した美味しいマアジを一般の方に提供し、いただいたお客様の意見を今後の研究につなげていきます。

■提供開始:平成28年(2016年)1月21日(木)17:00※提供はディナーのみ
■場  所:養殖魚専門料理店「近大卒の魚と紀州の恵み近畿大学水産研究所」
      大阪店(大阪市北区グランフロント大阪内)、銀座店(東京都中央区銀座)
■メニュー:「マアジの姿造り」 1,200円(税抜)
      ※在庫に限りがあるため、3月中旬頃までの限定販売とします。

マアジの姿造り1,200円(税抜)
マアジの姿造り1,200円(税抜)