初の大型ビオラルカフェが誕生!6/30(金)、東京湾岸エリア有明にビオラル首都圏5店舗目となる「ビオラル有明ガーデン店」がグランドオープン!

コロナ禍の影響により健康意識が高まり、アフターコロナでも人気のライフがプロデュースするナチュラルスーパーマーケット「ビオラル」。好調なビオラルの新店舗として、首都圏5店舗目、東西で7店舗目となる「ビオラル有明ガーデン店」が、6月30日(金)にグランドオープンいたします。
ビオラル有明ガーデン店の一番の特徴は、初の取り組みとなる「大型ビオラルカフェ」を併設すること。物販エリアに隣接し、ビオラルで実際に販売している商品を使用したメニューをお楽しみいただけます。
ビオラルの理念や込められた思いを発信し、ビオラルの世界観を体験いただける、ビオラルの良さを知っていただくきっかけになる店舗を目指します。

【店舗概要】

店  名:ビオラル有明ガーデン(ありあけがーでん)店
住  所:〒135-0063 東京都江東区有明2-1-8(住友不動産ショッピングシティ 有明ガーデン モール2F)
開 店 日:2023年6月30日(金)
営業時間:10:00~21:00
(カフェドリンク10:00~/フード11:00~)
店  長:栗田 妙子(くりた たえこ)
駐車台数:1,800台 ※有明ガーデン提携駐車場共有

【商圏】

・店舗から1㎞圏内は単身世帯比率が31.7%、2人世帯比率が29.5%と全体の6割が少人数世帯。3人以上世帯が全体の4割と東京都の基準値より高く、18歳未満のお子様がいる世帯が多い地域です。
・年齢別人口構成は40代が24.0%と最も高く、次いで30代が19.9%となります。
・東京都平均と比較して平均年収が高く、700万円以上の比率が高い地域です。

【ビオラル有明ガーデン店の特徴】 ※画像はすべてイメージ

◆初!大型ビオラルカフェを併設

“「ビオラル」というブランドをより多くの人に知ってもらい、その世界観を体験してもらえる場所を作りたい”という思いから、物販エリアにて販売しているオーガニック素材やビオラルブランドの食材を使用した食事で、“おいしく・体にやさしく・憩いのあるひととき”を過ごしていただける大型ビオラルカフェを導入いたします。物販エリアに隣接しているため、お食事後に気に入った商品をご購入いただけます。

◆物販エリアではビオラルおなじみのコーナーを導入

物販エリアでは、ビオラル店舗で人気のコーナーを充実させます。食品添加物に配慮した惣菜や国産有機玄米を使用した弁当の数々、豊富な有機野菜や店内の専用機械で挽いたピーナッツバターを品ぞろえいたします。また、健康や自然志向に合わせて、体に優しい素材や製法でつくられたプライベートブランド「BIO-RAL」の商品を豊富に取りそろえます。

こだわりの惣菜コーナー
こだわりの惣菜コーナー
種類豊富な有機野菜コーナー
種類豊富な有機野菜コーナー
ピーナッツバター
ピーナッツバター
プライベートブランド「BIO-RAL」
プライベートブランド「BIO-RAL」

【ビオラルとは】

ドイツ語「BIOLOGISCH(有機の)」と英語「NATURAL(自然)」からなる造語。“素敵なナチュラルライフスタイルを通じて、心も体も健康で美しく豊かな毎日を過ごしてもらいたい”と願うスーパーマーケット。「オーガニック」「ローカル」「ヘルシー」「サステナビリティ」をコンセプトに、ナチュラルライフスタイルをご提案し、お客様の心と体の健康と豊かな日々をお手伝いできるよう魅力ある商品を提供しています。
子育て世代や健康への関心が高い方、アレルギーなどを抱えている方などから特にご好評いただいております。

2016年に1号店となる「ビオラル靭店」のオープン以降、高まる健康志向や安全・安心へのニーズにお応えするため、続々と新規出店中。通常のライフ各店舗への自社ブランド「BIO-RAL」商品の販売も拡大しています。

1号店 ビオラル靭店(2016年6月)
1号店 ビオラル靭店(2016年6月)
2号店 ビオラル吉祥寺マルイ店(2020年12月)
2号店 ビオラル吉祥寺マルイ店(2020年12月)
3号店 ビオラルエキマルシェ大阪店(2021年10月)
3号店 ビオラルエキマルシェ大阪店(2021年10月)
4号店 ビオラル下北沢駅前店(2022年2月)
4号店 ビオラル下北沢駅前店(2022年2月)
5号店 ビオラル新宿マルイ店(2022年5月)
5号店 ビオラル新宿マルイ店(2022年5月)
6号店 ビオラルパルコヤ上野店(2023年3月)
6号店 ビオラルパルコヤ上野店(2023年3月)

『ライフらしさ』宣言!

株式会社ライフコーポレーションは、当社が目指す姿を『ライフらしさ』宣言!として明文化いたしました。お客様にとっても従業員にとっても『私の生活に欠かせない存在』『私のスーパーマーケット』になりたいという想いと意志が込められています。