データセンター向け燃料電池の市場規模は2030年までに4億2110万米ドルに達する--最新予測

Report Oceanがこのほど発行したレポート「データセンター向け燃料電池の世界市場規模、シェア、動向分析、機会 2030」は、タイプ別、データセンター、施設タイプ、地域別の詳細な市場概観を掲載しています。

データセンター向け燃料電池の世界市場は、2022年から2030年までの予測期間中に15.1%の複合年間成長率で成長し、2030年には4億2110万米ドルになると予測されます。

市場に影響を与える要因

データセンター向け燃料電池の世界市場は、二酸化炭素排出量を削減するために先進技術を採用する企業の増加によって牽引されると予測されます。さらに、再生可能エネルギーと分散型発電(DG)技術は、企業が環境に優しいソリューションにシフトしていることから、今後数年間で大きな支持を集めると予測されます。その結果、データセンター向け燃料電池の世界市場の成長を後押しすることになるでしょう。

データセンターでの燃料電池利用における技術的進歩は、市場に利益をもたらすと予測されます。例えば、著名な業界プレイヤーの一人であるMicrosoft Corporationは、ITサーバーラック用のミニ燃料電池を開発しています。この技術により、中央システムからのパワーエレクトロニクスの必要性を減らすことができる。したがって、このような進歩は、市場に有利な成長機会をもたらすでしょう。

地域別分析

地域別では、ICT支出の増加や再生可能エネルギーに対する意識の高まりから、データセンター用燃料電池は北米で最も大きな貢献をしています。その結果、予測期間中にデータセンター用燃料電池市場で高い需要を生み出すと予想されます。さらに、中国本土、インド、インドネシアなどの新興市場の存在により、アジア太平洋地域でも大きな成長が見込まれています。競合他社の分析

競合他社の分析

フューエルセル・エナジー社
アルタージー
ブルームエナジー社
ローガンエナジー
AFCエナジー
東芝燃料電池パワーシステム株式会社
プラグパワー
パナソニック
Doosan Fuel Cell America, Inc.
バラード
その他の主なプレーヤー

市場セグメント

製品タイプ別(水素燃料電池、固体酸化物形燃料電池、溶融炭酸塩形燃料電池、リン酸形燃料電池)

データセンタータイプ別(通信事業者、ISP(インターネットサービスプロバイダ)、CoLos(コロケーション型サーバホスティング施設)、サーバファーム、企業データセンター、大学・国立研究所、その他)

施設タイプ別(200平方フィート未満、200~700平方フィート、700~1,200平方フィート、1,200~6,000平方フィート、6,000平方フィート以上)。

レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください: https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=Pol905