いよいよ今週! 10月14日、15日は信州なかののごちそうが集まる「信州なかのおごっそフェア」へお越しください

長野県の方言で「おいしいご馳走」のことを「おごっそ 」 と言います。
長野県北部に位置する中野市は、農産物の生産量、品質ともに全国で有数の産地。市内には、それらの農産物を販売している直売所や、農産物を使用した加工品、飲食店のメニューが数多くあります。
そんな中野の自慢の「おごっそ」が一同に集まるイベントが「 信州中野おごっそフェア 」。
農産物が特に豊富な秋、信州なかのの「おごっそ」を皆さんに知っていただき、楽しんでいただければと思います。

※写真は昨年のものです。

開催概要

開催日時

2023年10月14日(土)・15日(日)

午前10時から午後3時(両日とも)

内容

30店舗以上の飲食ブースにたくさんのおごっそが大集合!
また、会場内ではJA中野市青年部による「シャインマスカットの収穫疑似体験」や縁日コーナーのなどイベントが行われます!
さらに、中野JCでは信州中野産の特産物を使用し、市民に「食の魅力」を再認識をしてもらう「S-1グランプリ」を開催します!
この他に、子供向けのボール投げやダーツといった「こどもの遊び場」も実施します!
ステージイベントでは、倍増戦士ロゼによる「ヒーローショー」や
子供達による「ダンス」がおこなわれます♪

会場

中野陣屋前広場公園

主催

信州中野おごっそフェア実行委員会

中野市ってどんなところ?

中野市は、県の北部に位置し、面積112.18㎢、人口約41,000人、四方を美しい山並みに抱かれた静かなまちです。市の中央に詩情豊かな千曲川が流れ、豊かな自然、美しい山々に囲まれ、日本のふるさとの原風景が広がります。また、誰もが知っている唱歌「故郷」の作詞者・高野辰之と、「カチューシャの唄」「東京音頭」など大正から昭和にかけて3,000曲にもおよぶ歌を世に送り出した作曲家・中山晋平は中野市で生まれ育ちました。
農業が盛んで、リンゴやブドウは全国でも有数の品質と生産量を誇っています。早くからエノキタケの栽培に取り組み、キノコや果樹、野菜、花きの施設栽培の先進地としても知られています。

長野県中野市は周囲を美しい山々に囲まれ豊かな自然にあふれるまちです
長野県中野市は周囲を美しい山々に囲まれ豊かな自然にあふれるまちです
長野県中野市は、懐かしい自然を残しつつ、常に時代に先駆けて新しいおいしさに挑戦する農業の先進地として知られています。
長野県中野市は、懐かしい自然を残しつつ、常に時代に先駆けて新しいおいしさに挑戦する農業の先進地として知られています。

お問い合わせ先

信州中野おごっそフェア実行委員会
〒383-0022 長野県中野市中央1-7-12
TEL.0269-22-2191 / FAX.0269-26-7007