リアルグローブ、株式会社タップ主催「DX実証ホテル・タップホスピタリティラボ沖縄」オープニングセレモニーに、ドローンを使用したAED搬送の実証実験にイーシーセンターと共同参加

 株式会社リアルグローブ(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:大畑 貴弘、以下 リアルグローブ)は、ホテル・旅館専門の総合エンジニアリング会社の株式会社タップ(東京都江東区、代表取締役会長兼社長:林 悦男、以下タップ)が2023年6月30日に開設した「タップホスピタリティラボ沖縄(THL)」のオープニングセレモニーで行われたドローン飛行の実演に参加いたしました。

 「タップホスピタリティラボ沖縄」が開設した「沖縄県IT津梁パーク」は、沖縄県が国内外の情報通信関連産業の一大拠点となるためのビックプロジェクトで、「津梁」とはアジアとの架け橋を意味しています。沖縄ならではの優れたリゾート環境のもとで、「リゾート&IT」を基本コンセプトにIT分野の知的創造活動を行える施設です。


 「タップホスピタリティラボ沖縄」は、沖縄県の中核的な産業である観光の要といえる宿泊施設の「生産性向上」「宿泊業界の人材不足」「お客さまの利便性向上」など、現在抱えている様々な課題を、テクノロジーを利活用して解決していくためのホテルDX実証実験施設です。「建物のDX」「メカのDX」「ソフトのDX」の3つのテーマに分け実証や実験を実施。清掃や配膳、搬送、アテンド、警備巡回などは16種類のロボットたちがホテルマンの役割を果たします。


 「タップホスピタリティラボ沖縄」は災害時の物資輸送などに活用できるドローンポートを併設。オープニングセレモニーのドローン飛行デモンストレーションでは、株式会社 イーシーセンター(静岡県富士市、代表取締役社長:海野 幸男)と共同でAED搬送を実演いたしました。


【株式会社タップ】
https://www.tap-ic.co.jp/


【沖縄県 IT津梁パーク】
https://www.it-shinryo.org/


 リアルグローブは、岐阜大学医学部附属病院高次救命治療センター等と協力し、遠隔情報共有システム「Hec-Eye(ヘックアイ)」と連携したAED搬送ドローンの実証実験をおこなっております。ドローンによるAED搬送における課題事項を考慮し、安全を確保しながら、より迅速なAEDの現場への搬送が可能かどうかを検証しました。このような、課題解決の支援の一助となるようなソリューション開発を提供しております。防災・救急医療の分野における多数の実証経験や、補助者を配置しない目視外飛行(レベル3飛行)の実証実験の成果を踏まえ、今後とも「タップホスピタリティラボ沖縄」のホテルDX実証実験に協力してまいります。


遠隔情報共有システム「Hec-Eye(ヘックアイ)」についての詳細はこちらから
https://hec-eye.realglobe.jp/


【リアルグローブについて】

社名 :株式会社リアルグローブ
代表取締役社長 :大畑 貴弘
URL:https://realglobe.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】

■ 株式会社リアルグローブ 問合せ窓口
電話:03-6380-9372 
メール:pr@realglobe.jp


AIが記事を作成しています