竹宮ゆゆこの男子高校生ブロマンス小説が発売10日で重版 話題作『心臓の王国』100ページ期間限定で無料公開

10月7日(土)大阪でサイン会開催

『心臓の王国』書影
『心臓の王国』書影

株式会社PHP研究所(京都市南区・代表取締役社長 瀬津要)は、竹宮ゆゆこの最新刊『心臓の王国』(7月21日発売/税込2090円)の重版を7月31日に決定しました。本書は、発売前から書店員や書評家の間で話題を呼んだ、ふたりの男子高校生が織りなすブロマンス小説です。この度の重版を機に、プロローグと第一章を期間限定で無料公開いたします。

衝撃の展開が話題を呼び口コミで広がる

『心臓の王国』を読んだ読者からは、前半と後半でまったく別の本を読んでいるかのような、乱高下のストーリーラインへの衝撃をつづった感想が多く寄せられています。「感情がジェットコースター」「とんでもないものに出会ってしまった」…発売後、SNSに投稿された読者の口コミ数と比例するように着々と売り上げを伸ばし、発売から10日で増刷が決定しました。

冒頭100ページを期間限定無料公開

この度の重版を機に、より多くの方に『心臓の王国』を手に取っていただくために、PHP研究所普及局のnoteにて、9月20日(水)までの期間限定で冒頭100ページを無料公開いたします。ラストへの伏線が散りばめられながらも、男子高校生ならではのバカバカしさ溢れる青春模様が描かれる場面です。竹宮ゆゆこさんは、「今回、彼らが青春している場面を書くのが一番楽しかった」と述べています。 

全国の書店が展示やイベントで熱烈展開

書店員の推しぶりも、本作の勢いを後押ししています。「全人類に読んで欲しい!」など、熱量の高いメッセージが躍る店頭展開は、全国の書店に拡大中。SNSや営業担当者から続々と寄せられる熱烈ディスプレイの情報や画像に、著者の竹宮さんも興奮と感激が止まりません。

紀伊國屋書店グランフロント大阪店
紀伊國屋書店グランフロント大阪店
ジュンク堂書店上本町店
ジュンク堂書店上本町店
「お願いだから全人類読んでほしい」 (ジュンク堂書店上本町店)
「お願いだから全人類読んでほしい」 (ジュンク堂書店上本町店)
「もう二度とこんな魂を貫く作品には出会えないだろう」 (ジュンク堂書店滋賀草津店)
「もう二度とこんな魂を貫く作品には出会えないだろう」 (ジュンク堂書店滋賀草津店)
「こんなに抉られる小説は読んだことがない!!」 (紀伊國屋書店京橋店)
「こんなに抉られる小説は読んだことがない!!」 (紀伊國屋書店京橋店)

読書の秋に向けて、この『心臓の王国』で、店頭をさらに盛り上げてまいります。10月7日(土)には、大阪でのサイン会開催も決定しました。参加方法などの詳細については、PHP研究所の公式HPにて追って告知いたします。

『心臓の王国』について

あらすじ

十七歳の鬼島鋼太郎は、夏休みのある日、白いワンピースのような服に身を包む美青年と橋の上で出会う。「アストラル神威」と名乗るその青年は、『せいしゅん』をするために橋の上から川に飛び込んで溺れそうになるなど、予測不能な行動ばかりをとり、鋼太郎を困惑させた。鋼太郎と友達になりたいと言う神威に対し、面倒に巻き込まれたくない鋼太郎は、悪い奴ではないと感じつつも、そのままその場を後にした。しかし数日後、アストラル神威が鋼太郎の通う高校へ転入してくる。青春を謳歌しようとする神威に巻き込まれながら、鋼太郎もともに高校生活を送るが、そのうちに神威が抱える「恐ろしい秘密」を知り——。

著者

竹宮ゆゆこ(たけみや・ゆゆこ)
1978年東京都生まれ。2004年「うさぎホームシック」でデビュー。
著書に、「とらドラ!」「ゴールデンタイム」などのシリーズのほか、長編小説に『砕け散るところを見せてあげる』『知らない映画のサントラを聴く』『いいからしばらく黙ってろ!』などがある。

書誌情報

タイトル:心臓の王国 
著者:竹宮ゆゆこ         
定価:2,090円(10%税込) 
発売日:2023年7月21日 
判型:46判並製        
ページ数:512頁 
ISBN:978-4-569-85505-9 
発売元:株式会社PHP研究所