1位獲得【日本文学(名言・箴言)】アマゾン書籍ストアカテゴリーにて。『人生はごちそう』著者田村セツコ

【黒柳徹子さん推薦】 セッちゃんって最高! 絵のセンス! 洋服のセンス! 脳のセンス! 何歳かわかんない!

84歳の今もなお、現役イラストレーターとしてご活躍の田村セツコさんの最新エッセイ

「苦いもののあとに食べたものは甘く感じるように、辛味や苦味、渋味、酸味はとっても大切!
 それは人生でも同じことよ。
 嬉しいことも、イヤなことも、ぜ~んぶ自分の栄養になるの!
 いろいろな味の"経験"ができる人生はごちそうなのね!」

いつまでも楽しくおちゃめに毎日を過ごすための、考え方や生き方などを素敵なフレーズと共にご紹介

・アラ探しは老ける タカラ探しは若返る
・人生の作者でありモデルである
・いつでも、どこでも、普段着のまま
・2人のマリーちゃん 悲しみと喜びは代わりばんこにやってくる
・歌いたくない時こそ歌いましょう♪
など

まるでおしゃべりしているようなエッセイ♪
オリジナルイラストも掲載!!

■目次

・まえがき 人生はおいしいごちそう。捨てるところがありません。

・第1章 甘味★いつでも、どこでも、普段着のまま

・第2章 酸味★幸せのかけらを探して

・第3章 塩味★肩の力を抜いて、さあ歌いましょう

・第4章 辛味★泣きたいときこそSmileね

・第5章 渋味★どんなことも素晴らしいと思えるようになるの

・第6章 旨味★人は皆、老いていくもの

・セツコの本棚

・あとがき

■著者 田村セツコ(たむら・せつこ)

イラストレーター エッセイスト
1938年、東京生まれ。高校卒業後、銀行OLを経て、画家・松本かつぢ氏の紹介でイラストの道へ。
1960年代に少女漫画雑誌『りぼん』(集英社)や『なかよし』(講談社)、『マーガレット』(集英社)、『少女クラブ』(講談社)の表紙や“おしゃれページ"で活躍。
1970年代には全国十数社と契約を結び、文具や小物などの“セツコ・グッズ"で一世を風靡。
1980年以降、ポプラ社の名作童話の挿絵や詩作、エッセイも手がける。
現在はコラージュ技法を使った立体作品「こもりびと」シリーズなどの作品を精力的に製作し、年に数回、個展を開催。
講演会、トークショーなどで多くの方に元気を与え続けている。
『おちゃめ力宣言します! 』(河出書房新社)、『あなたにあえてよかった』(興陽館)など、著書多数。