木下洋一氏(元日本マクドナルド執行役員マーケスペシャリスト)がMATRIX役員に就任

メタバースのキャズムを突破し、新世界の浸透を加速

 メタリアルグループの株式会社MATRIX(本社:東京都千代田区、代表取締役:五石 順一、以下「MATRIX」または「当社」)は、木下洋一(きのしたよういち)氏が取締役CMOに就任したことをお知らせします。

 当社は、企業理念である「国境も、言語も、容姿も、身体も、知識も、あらゆるハンディキャップが存在しない、旧現実にある格差・差別を消滅させる」ことを実現するため、リアル&ソーシャル系メタバース『どこでもドア』を開発・運営しています。

 同プラットフォームでは、世界100箇所にメタバースクリエイター(メタバーサー)たちの独自ネットワークを構築し、すでに約1,000ものメタバース空間を提供してまいりました。

 この資産を、キャズムを超え、これまでのアーリアダプターからより広範なマジョリティに浸透させるため、精度の高いデータドリブンなユーザーコミュニケーションを必要としています。


 この度、CMOに就任する木下洋一氏は、日本マクドナルド執行役員コミュニケーション本部長を始め、数多くの著名企業の顧客リレーションとブランド構築に大きな成果を達成してきた、マーケティングスペシャリストです。

 グローバルで大規模な顧客コミュニケーションから、スタートアップのゼロイチベースのマーケティング体制構築まで、広範な知見を有する木下洋一氏の参画は、当社のビジョンを実現し、ひいては、メタバースの地平を切り拓く大きな力となると確信しています。


■ 株式会社MATRIXについて
株式会社メタリアル(旧:ロゼッタ)の子会社として 2020 年 9 月に設立。「国境も、言語も、容姿も、身体も、知識も、あらゆるハンディキャップが存在しない、旧現実にある格差・差別を消滅させる」を企業ビジョンとし、リアル&ソーシャル系メタバース『どこでもドア』を開発・運営している。
https://www.matrix.inc

■ 株式会社メタリアルについて
企業ミッション「人類を場所・時間・言語・物理的な制約から解放する」
AI、AR (Augmented Reality:拡張現実)、 VR(Virtual Reality:仮想現実)、5G/6G/7G(高速大容量・多数同時接続通信)、4K/8K/12K(超解像映像)、 映像配信ソリューション、ウェアラブルデバイス、ロボット、HA(Human Augmentation:人間拡張)等の最新テクノロジーを統合して、 世界中の人々が「いつでもどこでも誰とでも言語フリーで」交流し、生活し、仕事し、人生を楽しめる「グローバル・ユビキタス」を実現します。
2年前より成長分野として「メタバース事業」に注力しており、グループ会社の株式会社MATRIX(「どこでもドア」)、株式会社Travel DX(「どこでもドアTrip」)が担当しています。


社名 :株式会社メタリアル
URL :https://www.metareal.jp/
所在地:東京都千代田区神田神保町3-7-1 ニュー九段ビル
代表者:代表取締役 五石 順一
設立 :2004年2月
事業内容:自動翻訳による言語フリーサービス、生活VRサービスの企画・開発・運営


<本件に関するお問い合わせ先>

■本件に関するお問い合わせ
株式会社MATRIX:広報担当 島
E-mail:pr@matrix.inc