世界唯一、光学式・電子式の切り替えが可能なファインダーがさらに進化 ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-Pro3」新発売

軽量・高強度なチタンを採用!高級感溢れるボディで優れた機動性・耐久性を実現

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、独自の色再現技術による卓越した画質と小型軽量を実現する「Xシリーズ」のフラッグシップモデルとして、ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-Pro3」(以下、「X-Pro3」)を2019年11月28日より発売します。「X-Pro3」は、当社デジタルカメラ初となる、軽量・高強度なチタンの採用などにより、優れた機動性・耐久性を実現し、より快適に高画質撮影を楽しむことができます。

当社は、上質な塗装で重厚感のある「ブラック」、擦り傷への高い耐性と高品位な外観を実現する「デュラテクト™」(*1)加工を施した「DRブラック」「DRシルバー」の3色をラインアップし、「X-Pro3」の魅力を拡大していきます。

◆詳細はWebページをご覧ください。
https://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_1480.html?link=atp

富士フイルムは、2012年に「FUJIFILM X-Pro1」、2016年に「FUJIFILM X-Pro2」を発売し、「X-Proシリーズ」を進化させてきました。様々な場所で被写体と出会いファインダーを覗いて高画質な写真を撮影する、写真撮影の原点を“PURE PHOTOGRAPHY”として掲げ、①気軽にカメラを持ち歩くための小型軽量・高耐久ボディや落ち着いた佇まいのデザイン、②被写体を正確にとらえフレーミングを決めるための優れたファインダー、③意図通りの写真に仕上げる色再現、などに徹底的にこだわり、「X-Pro3」を開発しました。

今回発売する「X-Pro3」は、ボディ外装に軽量・高強度で耐食性(*2)にも優れたチタンを、ボディ内部にマグネシウム合金を採用することで、チタンの美しい色合い・質感を最大限に引き出した高級感溢れるデザインと、優れた機動性・耐久性を実現したミラーレスデジタルカメラです。


「X-Pro3」は、光学ファインダー(OVF)と電子ビューファインダー(EVF)を切り替えられる、世界唯一の「アドバンスドハイブリッドビューファインダー」を搭載。EVFには高解像約369万ドットの明るい有機ELパネルを採用することで、視認性をさらに向上させています。また、ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T3」「FUJIFILM X-T30」で高い評価をいただいている、裏面照射型2610万画素「X-Trans™ CMOS 4」(*3)センサーと高速画像処理エンジン「X-Processor 4」を搭載するともに、アルゴリズムをさらに進化させることで、暗闇に近い低照度-6EV環境下でも高速・高精度な位相差AFを実現しています。さらに、当社独自の「フィルムシミュレーション」に、スナップ写真などで愛用されてきたカラーネガフィルムをもとに画質設計を行った「クラシックネガ」モードを新たに加え、多彩な色調による高画質な写真撮影をお楽しみいただけます。

当社は、今後も、「X-Pro3」をはじめとする「Xシリーズ」、ラージフォーマットセンサー(*4)搭載のミラーレスデジタルカメラ「GFXシリーズ」、充実のレンズラインアップで、写真の素晴らしさや写真を撮る悦びを提供していきます。

*1 「デュラテクト」はシチズン時計株式会社の商標または登録商標。
*2 腐食(錆び)に対する耐性。
*3 X-Trans™は富士フイルム(株)の商標または登録商標。
*4 対角線の長さが55mm(横43.8mm×縦32.9mm)で、35mm判の約1.7倍の面積を持つイメージセンサー。
-----------------------------------------------------------------------------
富士フイルム ウェブサイト デジタルカメラ
  ⇒ https://fujifilm-x.com/?link=atp
「Xシリーズ」公式Facebookページ
  ⇒ http://www.facebook.com/FUJIFILMXseriesJapan

富士フイルムニュースリリース一覧
  ⇒ http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/index.html?link=atp
富士フイルム株式会社
  ⇒ http://fujifilm.jp/?link=atp
※リンク先は本件掲載時点の情報であり、予告なく変更になる場合があります。
※本ページに記載している地名・人名など一部の文字で表示できない旧字体は新字体または平仮名に置き換えている場合があります。
※本ページに記載している個々の文章、図形、デザイン、画像、商標・ロゴマーク・商品名称などに関する著作権その他の権利は富士フイルムまたは原著作権者その他の権利者が有しています。