粉をお題にベーカリー日本一へ!カレーパングランプリ®️2021スポンサー賞の協賛企業第三弾決定のお知らせ

日清製粉プレミックスのカレーパン用ミックスを使って日本一のカレーパンを創ろう

 一般社団法人日本カレーパン協会(神奈川県小田原市、理事長 やすひさてっぺい)は、2021年11月3日(水)に授賞式開催を予定するカレーパングランプリ®️2021の協賛企業に日清製粉プレミックス株式会社(東京都日本橋)を迎えスポンサー賞として日清製粉プレミックス賞を設けましたことを発表します。

カレーパングランプリ®️
カレーパングランプリ®️

概要

名 称:カレーパングランプリ®️2021スポンサー賞(日清製粉プレミックス賞)
エントリー期間:8月19日(木)~9月2日(木)
授賞式日程:2021年11月3日(水)予定
授賞式開催場所:決定次第発表
ベーカリー向け事前説明会:7月1日(木)16:00〜17:00(オンライン予定)
主 催:一般社団法人日本カレーパン協会

まず、カレーパングランプリとは

 カレーパンおよびカレーパンをつくるベーカリーの最高金賞(日本一)および金賞を決定する、年に一度、業界唯一の賞レースです。古代メソポタミアを起源とするヨーロッパ発のパン文化に、「ものづくり」「おもてなし」の日本流を重ねたカレーパンは、まさに世界に誇れるソウルフードと呼べるもの。「カレーパングランプリ®️」は、長い歴史の中で細分化したカレーパン情報を世間から集約し、あえてランク付けを行うことで、「全国民にまだ見ぬカレーパンに出会うきっかけを提供し、ベーカリー各店に技術の熟成やチャレンジを促し、文化の熟成に寄与する業界初&最大規模の祭典となっています。

なぜスポンサー賞を設けたのか

 まず、「カレーパングランプリ®️」における「スポンサー賞」は、ファン投票形式で最高金賞や金賞を決定する通常部門とは別に、名乗りを上げたベーカリーそれぞれが、スポンサーが用意した素材を「お題」として活用し、限られた期間で完成させたオリジナルカレーパンの出来を競う技術部門となります。かねてより「日本カレーパン協会」は、「職人の技術と素材で無限の可能性が広がるカレーパンにとって、関連する業者や商社の存在もまた不可欠なもの」と考えており、カレーパン文化の成熟と、可能性の開拓を示す年に一度の「カレーパングランプリ®️」の中に、最高の同一素材で競う「スポンサー賞」を設けました。審査対象はカレーパンそのものとなり、この「日清製粉プレミックス」賞では、創業期よりカレーパン用に販売する「イーストドーナツ用ミックス」を使ったオリジナルカレーパンを作り、その出来栄えで日本一を競います。

日清製粉プレミックス賞が加わった経緯

 この度、「日清製粉プレミックス株式会社」は、「個性豊かなカレーパンが自慢のベーカリーに、外生地からこだわってほしい!」との思いを「日本カレーパン協会」と共有することで、粉提供でのスポンサー賞“初”参加を表明してくれました。2012年に小麦粉界のリーディングカンパニー「日清製粉」のグループ企業として生まれた「日清製粉プレミックス株式会社」は、「ドーナツミックス」や「ケーキミックス」などの業務用プレミックスの開発と製造、販売を担っており、食感や温度帯、経時変化も考慮した数千通りの組み合わせから生み出す最適な配合を様々なユーザーに提供し、多くの食品メーカーや飲食チェーン、スーパー、コンビニからの支持を得ています。当然、「カレーパングランプリ®」歴代の受賞店、エントリー店にも愛用者は多く、だからこそ、日清製粉プレミックス株式会社」をスポンサー企業として正式に迎えられた今年の状況は感慨深いものであり、2021年の「カレーパングランプリ®️」は、かつてないほどの熱い盛り揚がりが期待されています。

なぜ粉で競うのか

 濃厚な味わいが口いっぱいに広がる至福感が魅力のカレーパンをいただくにあたり、真っ先に口に触れる衣・生地は、まさにワクワクの玄関口です。例えば、自宅や会社に大切な客人を招き入れる際、外観と玄関で第一印象は確定します。つまり、見た目や香りから生まれた期待を上回る衣を経由できれば、たっぷり詰まった自慢のカレー(具)への満足度もまた、より大きなものへと変わるのです。小麦粉、でんぷん、砂糖、油脂などの主原料と、食感や作業効率に変化をもたらす副原料の配合で黄金比を突き詰めた「日清製粉プレミックス」製品には、カレーパン(イーストドーナツ)用に限っても、「手包餡」に適した202番と「包餡機」に適した264番の2種類が用意されています。平等に仕上げられる衣を操りつつ、全要素を絡めてどんな個性が生み出せるのか、これはまさにベーカリーの腕の見せ所です。

なぜ8月19日からのエントリー開始なのか

 毎月19日が「食育の日」であることはもちろんとして、「俳句の日」であることも決定打となりました。五・七・五の限られた音数の中に、季節や風景、心情を的確かつ日本的に凝縮する表現方法は、自由としながらも根本的な概念は変えない暗黙のルールの中で成立するカレーパンづくりに通ずるものがあり、さらに素材選び(チーズ)も共通とするスポンサー賞は、職人の腕と感性が試されるという観点で、親和性が色濃いものと考え、日程の着地に至った次第です。

ベーカリー向け説明会とは

 カレーパングランプリ®️2021に向けて、ベーカリーへの事前説明会を7月1日(木)16:00〜17:00に開催します。なお、近年の状況を鑑みオンラインでの開催を予定しています。グランプリの趣旨、グランプリの投票方法やスポンサー賞の詳細、その他進行、スケジュールなど、全体的な内容から細かな詳細までをお伝えする説明会となります。

主催の日本カレーパン協会とは

 カレーパンを通じて地球に住むすべての人を笑顔にするために存在し、争い・孤独・貧困など、あらゆる問題をカレーパンに包み込み、国内を越えて世界中の人々とカレーパンを通じて連帯し、笑顔あふれる平和な世の中を創造することを目的に活動する優しき一般社団法人。2021年3月現在、1万名のカレーパンタジスタ(協会員)が趣旨に賛同し、活動に参加しています。また、社会情勢の変化に応じ、協会本部を2020年10月より神奈川県小田原市へ移転しています。

補足:関係者紹介

専務理事 宮脇 小百合

 無類のカレーパン好きが高じ、専務理事まで上り詰めたカレーパン分析の第一人者。カレーパンファン歴は、佐藤会長を越える40年以上を数え、通算8000個以上の実食数を誇る。本業は、資格や経験を活かし、 “はじめての起業” "ひとりビジネス" をプロデュースする専門家で、特に女性起業のサポートに注力しており、人気セミナー『ブログを使わない魔法の集客術13の秘密!』では、全国13ヶ所で2,500人以上を指南した。ビジネス初心者でも売れる仕組みが作れるように取り組む簡潔かつ丁寧なサポートが好評で、その手法をカレーパン協会の運営に還元し、前年対比300%の協会員増加も実現した。
日本カレーパン協会での宮脇専務活躍の様子:https://prtimes.jp/story/detail/DBn1wquynRb

総合プロデューサー兼理事長 やすひさ てっぺい

 コミュニティ構築や協会運営のプロフェッショナルとして、今最も注目を集める協会プロデューサーの一人。会長兼理事長を務める「一般社団法人日本唐揚協会」においては、独自のWEB戦略で公開より半年間で唐揚げ好きを1000人以上集め、現在は18万人以上の公認カラアゲニストを擁する世界最大のファン協会に育てた実績を持つ。その手腕を買われ、コミュニティ構築、コミュニティ運営のプロデュース、コンサルティングも数多く手がけ、2013年4月より日本カレーパン協会運営に顧問として参画し、現在は総合プロデューサー兼理事長としてカレーパンコミュニティでの采配を振るう。なお、カレーパンは好きではあるが、唐揚げほどではないと公言する。
- 食したカレーパン:600個程度
- 食した唐揚げ:4t(鶏換算2000羽)


お問い合わせ先

一般社団法人日本カレーパン協会
256-0815 神奈川県小田原市小八幡2-25-17 ヴィラシーサイドA 1F
当プレスリリース担当:宮脇、やすひさ

お問い合わせフォーム