オートミルクの世界市場-2023年~2030年

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口 荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「オートミルクの世界市場-2023年~2030年」(DataM Intelligence)の販売を7月28日より開始しました。

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/dmin1297840-global-oat-milk-market.html

市場概要

世界のオートミルク市場は、2022年に30億米ドルに達し、2030年には60億米ドルに達し、有利な成長が予測されています。予測期間2023-2030年のCAGRは9.8%です。

世界のオートミルク市場は、植物由来の代替ミルクに対する需要の高まりによって著しい成長を遂げています。より多くの消費者が植物由来のライフスタイルを受け入れ、伝統的な乳製品の代替品を求めているため、市場は大幅に拡大しています。メーカー各社は、多様な消費者の嗜好に応えるため、様々な風味や強化のオートミルク製品を発売しています。

こうした技術革新はオートミールの魅力と汎用性を高め、より多くの消費者を惹きつけています。オートミルク市場の成長には、流通チャネルの拡大が重要な役割を果たしています。オートミルク製品はスーパーマーケット、コンビニエンスストア、健康食品店、オンライン・プラットフォームなどで広く販売されています。このような入手しやすさの向上は、市場の拡大と消費者へのリーチの拡大に寄与しています。

市場力学

ビーガンおよび乳糖不耐症人口の増加が市場を牽引

市場の成長は、世界の菜食主義の普及と乳糖不耐症の増加によって支えられています。植物ベースの食生活を実践する人や乳糖不耐症を発見する人が増えるにつれて、オートミルクの需要は増加の一途をたどると思われます。

メーカー各社は、乳製品に匹敵する味とテクスチャーを提供するため、オートミルクの処方を常に革新・改良しています。例えば、2022年5月24日、植物性乳製品のリーダーであるリップル・フーズは、植物性製品のポートフォリオに最新の製品を追加すると発表した:オートミルク+プロテインです。

このおいしくて栄養価の高いクリーミーなオートミルクには、1食あたり6グラムの植物性タンパク質が含まれており、一般的なオートミルクの3倍のタンパク質が含まれています。

オートミルクの製品革新が市場成長を牽引

メーカー各社は、多様な消費者の嗜好に対応し、市場の魅力を高めるために、新しいフレーバー、配合、バリエーションを継続的に発表しています。製品イノベーションに対する市場の反応は、スーパーマーケット、健康食品店、オンラインプラットフォームでオートミルク専用の棚スペースが拡大していることからも明らかです。

メーカーやブランドは研究開発に投資し、オートミルク製品のイノベーションの限界を押し広げ続けています。例えば、2020年にArla Foodsは新ブランドJordで3種類のオートミール飲料を発売しました。同社はヴィーガンの代替品に対する需要の高まりに対応するため植物由来の分野に参入し、製品ポートフォリオの多様化を可能にしました。

COVID-19影響分析

COVID-19の大流行はサプライチェーンに影響を与え、混乱に直面し、一時的な品不足につながっています。給食施設の閉鎖も市場の成長に影響を与えました。しかし、消費者が腐りにくく植物由来の食品の選択肢を求めたため、市場は需要の急増に見舞われました。パンデミックはオートミルク購入のeコマース・プラットフォームへのシフトを加速させました。消費者の健康とウェルネスへの関心が高まり、オートミルクの持続的需要を促進しました。

人工知能の影響分析

人工知能(AI)は世界のオートミルク市場に大きな影響を与え、業界の様々な側面を変革しました。AIアルゴリズムと機械学習モデルは市場分析と予測に革命をもたらし、企業が正確なデータに基づいて情報に基づいた意思決定を行うことを可能にしました。

AIを活用した推薦システムはマーケティング活動をパーソナライズし、顧客エンゲージメントと満足度を向上させました。AI技術はオートミルク製造における品質管理を改善し、高品質の製品のみが市場に出回ることを保証しています。

無料サンプル

当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/form/request/1297840

本件に関するお問い合わせ先

<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム:https://www.gii.co.jp/contact/
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL:https://www.gii.co.jp/

会社概要

1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社200社以上が発行する調査資料約15万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp/
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議:https://www.giievent.jp/

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。


AIが記事を作成しています