7/27(月)オランダ国立南大学学生と近大高専学生との交流 近畿大学工業高等専門学校

近畿大学工業高等専門学校(三重県名張市)では、平成27年(2015年)7月27日(月)オランダ国立南大学にて日本語を学ぶ学生を初めて招き、交流イベントを実施します。

【本件のポイント】
● 日本語を学ぶオランダの大学生と、近大高専学生との交流
● 折り紙やカルタなどを通じて相互交流し、オランダ学生の日本文化理解をサポート
● 近大高専学生も異文化交流を通じて、国際人としての資質を身に付けることを目指す

【本件の概要】
このたびオランダ国立南大学(Zuyd University)にて日本語を専攻する学生13人が近畿大学工業高等専門学校を訪れ、本学学生と初めて交流します。

当日は近大高専の学生が学内施設の案内をした後、日本語教育(近大高専の教員が開発した教材「日本語教育のための音楽」を使った学習)や交流イベントを行います。交流イベントについては近大高専の学生が中心となりプログラムを考えました。折り紙やカルタ、コマなど日本の伝統的な文化やゲームを通じて相互交流を行い、日本文化を理解してもらうことを目指します。

なお、本イベントは名張国際交流研修所が例年実施している、海外大学生受け入れ活動の一環として実施されます。

【概要】
■日 時:平成27年(2015年)7月27日(月)13:30~15:30(予定)
■会 場:近畿大学工業高等専門学校(三重県名張市春日丘7番町1番地)
■参加者:オランダ国立南大学学生13人、近畿大学工業高等専門学校生24人

昨年の交流イベントの様子 (名張国際交流研修所主催)
昨年の交流イベントの様子 (名張国際交流研修所主催)