土屋工業×大日本印刷×伊藤園 3社共同で超低反射アクリルパーテーションを開発

土屋工業株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:土屋 俊寛)は、大日本印刷株式会社(本社:東京都新宿区、以下:DNP)と株式会社伊藤園(本社:東京都渋谷区)と共同で、「茶殻スタンド脚付き ARパーテーション」を開発しました。

茶殻スタンド脚付き ARパーテーション
茶殻スタンド脚付き ARパーテーション

DNP製の反射防止フィルムを使用

アクリル両面に施されたDNP製の反射防止フィルム(ARフィルム)により、映り込みを抑え高透明な外観を実現します。

本製品と一般的なアクリル板の違い
本製品と一般的なアクリル板の違い

伊藤園製の茶殻を配合したスタンド脚を使用

茶殻を配合したリサイクル樹脂により原料のプラスチック使用量を削減しており、エコロジカルな製品になっております。
スタンド脚の底面には、繰り返し使用可能な粘着シート付きで、コンパクトサイズでもしっかり固定できます。

また、酢酸ガスの除去性能評価試験では、2時間で52%の減少率が確認されており、消臭効果等も期待できます。

酢酸ガスの除去性能試験の結果
酢酸ガスの除去性能試験の結果

商品ページ

本件に関する問い合わせ先

土屋工業株式会社
E-mail: pg.info@tpd.co.jp