元WBA世界チャンピオン平仲信明激推しの「ボクシング子ども教育論」第2弾【1月26日】発売!

電子書籍を出版する統一館出版(代表:甲斐柱統)は、北九州市YANAGIHARAボクシングジムの会長 柳原廣一氏の【子ども教育論】第2弾となる「子どもが悪いのは親が悪い~教育者は労働者ではない/この教育論はボクシングにある~」を2023年1月26日に発売致します。「ボクシング×子ども教育」という独自の教育論を推進し、熱烈な信者を持つ柳原会長。今回の本では前作以上に「柳原節全開」でお送りします。保護者の方の子育てへのお悩みを解決するヒントを凝縮した1冊になっています。

ボクシングジム会長 兼 北九州再生推進会議理事 異色の肩書きの柳原廣一

柳原廣一氏は、ボクシングジムの会長の役目を通じて、子どもの教育への強い危機感を感じ、北九州再生推進会議の理事まで務めるようになりました。全ては「正しい子どもの教育が日本を明るくする」という思いから。独自のボクシングが教えてくれた子ども教育への思いを、歯に衣着せぬ「柳原節」全開でお届けします。

元WBA世界Jr.ウエルター級チャンピオン平仲信明 が推薦!!

「この本を読んで子どもたちを指導していきたい!」元WBA世界Jr.ウエルター級チャンピオンの平仲信明氏が推薦する本著。共にボクシングを通じて、人生を学んできた者同士。そんな平仲氏だからこそわかるボクシングと子ども教育の共通項。ボクシングをやっていなくとも、指導する立場の人には是非、読んで欲しい1冊。

シリーズ第1弾「ボクシングは教育が9割」はベストセラーを獲得!

柳原会長のボクシング教育論の第1弾「ボクシングは教育が9割」。その「利他的」を重要視する独特の考え方は、多くの共感を呼び、amazon Kindle ベストセラーを獲得!

「正しい生き様」とは。誰かを指導する人、全員に読んで欲しい

本著はボクシングの教本ではありません。ボクシングを通じて、柳原氏が知るに至った子どもの教育を考える本です。「利益を求めるのは悪いことではない。但し、先に義がなくてはならない」「正しい努力を積めば、正しい成功を達成できる」 そんな人として正しく生きていく原理原則を教えてくれます。教師や親御様に限らず、誰かを指導する立場にある人、全員にこの思いを届けたいと思っています。

タイトル:子どもが悪いのは親が悪い
     ~教育者は労働者ではない
      この教育論はボクシングにある~
形式  :電子書籍
発売日 :2023年1月26日
価格  :580円(税込み)
出版  :統一館出版
ISBN  :B0BSXRRL1F
販売場所:amazon Kindle ストア
購入はコチラ:https://www.amazon.co.jp/dp/B0BSXRRL1F

amazonの統一館サイト:https://amzn.to/3YtypcT