【英語よみもの】カテゴリー1位獲得。英単語が1単語15秒。効率的に勉強したい人のための「イラスト記憶法」

15万部突破書籍。TOEICテストにも対応できるよう、3000語を厳選

15万部突破のベストセラー書籍が、
キンドル電子書籍【英語よみもの】カテゴリーにて1位を獲得
アフターコロナで海外旅行に行きたい人、仕事やテストのために英語を学びたい人、
かんたんイラスト記憶で英語を学ぼう。

函館新聞、ライフハッカー、ライブドアニュース、gooニュース、biglobeニュース、
exciteニュース、Yahoo!ネタりか、ニコニコニュース、T-SITEに紹介されブレイク&拡散中! ! !
(メディア掲載レビュー)


パラパラめくってみると、それほど難しい単語はないように思えるかもしれません。
しかし、すべて完璧に覚えているという人も少ないのでは?

英語が苦手な人や初心者は、最初から通してやってみてもいいですし、
ある程度英語力がある人は苦手単語を減らすのに役立つはず。
また、イラストで覚える、イメージで覚えるという単語集はほかにもありますが、
脳のクセまで意識しているものは少ないかも。TOEICに的を絞っているところも魅力的で、
TOEIC受験者にとってはかなり役に立つ1冊といえそうです。
(GOTCHA!書評より)

最初は半信半疑でした。
だって英単語が1単語15秒で覚えられるっていうんですから。
「え、ホントかな?」というのが正直なところでした。

私も学生の頃から英語を勉強してきました。
英語が好きで、「下手の横好き」とでもいうんでしょうか、
しゃべることや聞くことは苦手でも、書いたり、読んだりする、
「受験英語」が得意で、社会人になってからも多少の単語は記憶していました。

ところが、ここ最近は記憶が薄れ、
そんなに覚えることなんてできないよな、と思っていたところでした。


ですが、いざ、イラスト化された単語を見て、ハッとしました。
(あっ、たしかに記憶できる! )

もっと正確にいえば、
(これはイヤでも記憶に残ってしまう、と! )

みなさんも単語の暗記に関係なく、
衝撃的な出来事は忘れず、今でも鮮明に覚えているでしょう。

本書は、まさにそうした脳の特性を活かした英単語本です。
TOEICテストにも対応できるよう、3000語を厳選しています。

もし「英単語の暗記=時間」と思っている方がいたら、
ぜひ本書を読んでみてください。

期待は裏切らないはずです。
ちなみに私のオススメ単語Noは「0011」と「0546」です。

■目次

・ココで差がつく最重要単語1122

・高得度を狙うための必須単語758

・受験するなら確認したい基本単語1120

■著者

■著者 吉野邦昭(ヨシノクニアキ)
試験特化型記憶術インストラクター。京都市生まれ。
大学院で機械系工学を修了し、松下電器産業(現在のパナソニック)に入社。
エンジニアや海外工場支援を担当し独立

永井堂元(ナガイタカユキ)
高速楽習コンサルタント。神戸市生まれ。私立灘高校・東京大学法学部卒業。
大学在学中より11年間にわたり、大手予備校の東大模試、京大模試などの採点講評を担当。
大学1年の秋より「成功報酬型」の家庭教師を始め、合格までほど遠い受験生を次々に逆転合格させてきた。
現在は、多彩な楽習講座で講師・コンサルタントとして活動している

■監修 佐藤文昭(サトウフミアキ)
1980年、北海道函館市生まれ。33社を経営。コピーライター。
24歳で東証一部の建設会社を退社し、託児所付きカフェで独立。
あえなく失敗するが、ITの世界と出会いわずか10年で33社のグループ企業を率いる。
IT業、TOEICスクール運営、建設業、不動産事業、化粧品通信販売業、コンサルティング業等、
幅広い分野で高収益を上げる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)