「長野県中野市 地域おこし協力隊募集オンラインセミナー」を開催!【12月17日】

現在募集している「中野市地域おこし協力隊」の『田舎暮らしを応援するプロジェクト』と『おもしろい中野市づくりプロジェクト』について、担当者がオンラインで詳しくご説明します。

また、現役の地域おこし協力隊員をゲストに迎え、中野市での活動や生活について、ざっくばらんにお話しします。
協力隊に関心がある方や、移住のきっかけにちょっと興味がある方、「中野市ってどこ?」って方も大歓迎!途中参加や途中退室もOKですので、どうぞお気軽にお申込みください♪

「ちょうどいい田舎 信州なかの」で地域おこし協力隊はじめませんか?
「ちょうどいい田舎 信州なかの」で地域おこし協力隊はじめませんか?
「ちょうどいい田舎 信州なかの」
「ちょうどいい田舎 信州なかの」
このまちで暮らしてみませんか?
このまちで暮らしてみませんか?

開催日時

2020年12月17日(木) 午後7時~午後8時30分

プログラム(予定)

18:50 (10分) 開場
19:00 (5分) 開会・出演者紹介・注意事項
19:05 (10分) 中野市の紹介
19:15 (15分) 協力隊募集内容の説明
19:30 (20分) 現役隊員のお話(中野市での生活や活動について)
19:50 (20分) 質疑応答
20:10 (20分) 交流会
20:30 - 終了

実施方法

オンライン(Web会議システム「Zoom」を使用)

参加費

無料

申込方法

参加特典

最後まで参加いただいた方には、中野市オリジナルクリアファイルとトートバッグをプレゼントします!

〇田舎暮らしを応援するプロジェクト

協力隊の拠点「なんだ屋」
協力隊の拠点「なんだ屋」

田舎過ぎず都会過ぎない「ちょうどいい田舎 信州なかの」のいろいろな「ちょうどいい」を発掘分析し、移住したい人のお手伝いをするおしごとです。
●募集人員 1名
●活動内容 移住セミナーの企画運営、Web・SNS 情報発信、田舎暮らし体感ツアー開催、移住者ネットワーク構築ほか

ちょうどいい田舎暮らしを体感しながら、移住のお手伝いを してくれる協力隊を募集!

〇おもしろい中野市づくりプロジェクト

リビングシフト促進拠点施設の運営をしながら、関係人口を創出するローカルエディターを募集!

地方と関わりたい都市圏の人材と一緒に、地域資源の掘り起こしや、地域課題の「見える化」を行い、イノベーションが生まれるような関係人口の創出を図ります。
●募集人員 1名
●活動内容 地域資源や地域課題の収集・編集・発信、関係人口受け入れプログラムの構築・実施ほか

私たちと一緒に「面白いこと」やりませんか?
私たちと一緒に「面白いこと」やりませんか?
中野市経済部営業推進課ちょうどいい田舎暮らし推進係
TEL:0269-22-2111(256,373)
〒383-8614 長野県中野市三好町一丁目3番19号
TEL:0269-22-2111(256、373)
E-Mail:ei-sui@city.nakano.nagano.jp

長野県中野市の概要

人口約42,000人。唱歌「故郷」の作詞者・高野辰之、「シャボン玉」の作曲家・中山晋平が生まれ育った地で、豊かな自然、美しい山々、日本のふるさとの原風景が今も広がっています。リンゴ、キノコ、ブドウとおいしい食べ物いっぱい。自然に囲まれている一方で、市街地にはスーパーやホームセンターなど大規模店舗や病院もたくさん!高速道路のインターチェンジが2つあり、新幹線駅にも近く、首都圏とのアクセスもとても良い「ちょうどいい田舎」です。

日本の原風景が広がる長野県中野市は、懐かしい自然を残しつつ、常に時代に先駆けて新しいおいしさに挑戦する農業の先進地として知られています。
日本の原風景が広がる長野県中野市は、懐かしい自然を残しつつ、常に時代に先駆けて新しいおいしさに挑戦する農業の先進地として知られています。