【世界初】犬系ミームコインが 本格的ゲーム系メタバースブロックチェーンプラットフォームをローンチ

SHIBUYA INU はVladyslav Pankhomenkoと共同で2022年3月26日にメタバースプラットフォーム「月渋谷~Moon Shibuya」を正式にローンチをした。

犬系のミームコインで本格的なゲーム系メタバースブロックチェーンプラットフォームの展開は世界初の試みとなる。

SHIBUYAINU はミームコインであったが、本格的にゲーム分野においてメタバースをリードする『Axie Infinity』、『Decentraland』のプロジェクトに関わったVladyslav Pankhomenko氏との共同開発により、『Axie Infinity』を超える楽しく遊びながら色々な活動を体験する機会を提供する『月渋谷~Moon Shibuya』をコミュニティ活動の活性化を目的とし、2022年春にプラットフォーム開発の開始を予定しています。

『月渋谷~Moon Shibuya』上の土地「LAND」を先行で2022年春頃にNFTとして販売していく予定。

建設する『月渋谷~Moon Shibuya』は、”月に渋谷を”をコンセプトにしたメタバース×NFTのコミュニティの拠点として、80年代の象徴的な渋谷の街並みを再現しグルメ、ショッピングやイベント等の出店が自由に行え、世界中の方々が自由に利用出来る事や交流や企業のコミュニティ育成、ビジネスのチャンスの場として活用してもらうことを目指しています。

SHIBUYA INUはNFTマーケットプレイス「OpenSea(https://opensea.io/)、Buynet.(https://buynet.io/)」でのLANDの販売など行います。近い将来必ず訪れるであろう仮想空間上でのライフスタイルを一早く体験していただくきっかけを創出していきます。

【パートナーを強化募集中】
SHIBUYA INUでは、NFTやメタバースの活用を考えている企業・団体を募集しています。
https://urlzs.com/4Uw9T

【事業拡大につき採用強化中】
「月渋谷~Moon Shibuya」内のメタバースのコンテンツ作成やコミュニティ運営を募集しています。
https://urlzs.com/4Uw9T

Vladyslav Pankhomenko
Blockchain Developer
ウクライナ出身(ポーランド臨時在住)
多くのプレイ・トゥ・イヤー、NFTゲーム、DIFI・プロジェクトを手がけてきました。
主な実績
Axie Infinity blockchain development
decentralland Blockchain development
SpookySwap Blockchain development

このプロジェクトはウクライナ出身Vladyslav Pankhomenko(既にポーランドに避難している)との共同開発の為、ウクライナ人救済支援のプロジェクトでもある。このプロジェクトがローンチされることによりウクライナへの復興に大きな貢献につながると考えております。



SHIBUAY INUについて
SHIBUYA INUはDOGEコインやShiba inu等と同じ犬系のミームコインの一種で、主な特徴は24時間毎に1度、総発行数量の5%がバーンされる。しかもユーザーが実行できる。また、バーンがどこで停止するかも誰も解らない。ミステリアスなトークンとして話題を呼んでおり、上場時から9000%の上昇をしている。

Official site:https://shibuyainu.com
OfficialTwitter:https://twitter.com/SHIBUYAINUTOKEN
Official telegram channel:https://t.me/shibuya_inu
Telegram community:https://t.me/shibuyainu100
Official Instagram:https://www.instagram.com/shibuyainu_token