「昭和女子大学どさいぐ?鶴岡プロジェクト」クラウドファンディング開始

 昭和女子大学(学長 金尾朗:東京都世田谷区)の「昭和女子大学どさいぐ?鶴岡プロジェクト」が、山形県鶴岡市の地域活性・国際交流に向けて、留学生を対象とした「トライアルツアー」を実現するため、クラウドファンディングを11月2日(木)にスタートしました。

 「どさいぐ」とは、「どこに行くのですか?」という山形弁。このプロジェクトは、鶴岡市に外国人観光客を送り、鶴岡市在住の中高生が英語で市内を案内する「どさいぐツアー」を企画しています。鶴岡市の認知度アップと同市中高生の国際交流の機会創出を目指すもので、昨年、市民が地域課題解決を考えるビジネスコンテスト「チャレンジ‼オープンガバナンス2022」(東京大学共催)でオンライン視聴者賞金賞に選ばれました。
 今回のトライアルツアーは、本格始動に向けた課題を洗い出すことを目的に企画しました。 ANAあきんど株式会社庄内支店の協力でクラウドファンディングによる費用調達を目指します。リターン品には、ガイドを務める鶴岡南高校生と本学学生が作った鶴岡のガイドブックや、シルク製品、宿泊プラン等を用意しています。

 トライアルツアーは、昭和女子大学の留学生および隣接するテンプル大学ジャパンキャンパスの外国人学生を対象に、計6名分の旅費など300,000円が目標です。2024年1月9日までの成立を目指します。

■ クラウドファンディングサイト「WonderFLY」 

目標希望金額:300,000円
https://wonderfly.ana.co.jp/cf/ideas/1088

■ 今後の予定

2023年 12月 留学生モニター募集
2024年 3月  トライアルツアー実施

(参考)
「チャレンジ‼オープンガバナンス2022」 https://park.itc.u-tokyo.ac.jp/padit/cog2022/


本件に関する取材のお申し込み先

昭和女子大学広報部 03-3411-6597 / kouhou@swu.ac.jp

昭和女子大学ホームページ
https://www.swu.ac.jp/