施設で働くストレス過多の知的(精神)障害者等に感動の涙でストレス解消させる、「なみだ先生」こと感涙療法士の吉田英史がNPO法人WLS(就労継続支援B型障害者施設)主催でこけら落とし「涙活(るいかつ)」イベントを11月25日(土)に実施します。

「泣く」ことは、「笑い」や「睡眠」よりもストレス解消に有効とされています。「涙活」では、意識的に涙を流すことで心身を整え、ストレス解消を図ります。そのような「涙活」のイベントを実施します。涙の効能解説やストレス解消になる泣き方の講義だけでなく、参加者には実際その場で涙活も体験してもらい泣きやすい体質に変えていきます。

通称「なみだ先生」として、企業・自治体・教育機関・医療機関・福祉施設向けの「涙活」(るいかつ)イベントなどを手がけている、感涙療法士の吉田英史は、2023年11月25日(土)10時~12時に、施設で働くストレス過多の知的(精神)障害者等に向けて、開設して間もないNPO法人WLS(就労継続支援B型障害者施設)主催でこけら落とし「涙活」イベントを実施します。

■障害者(知的・精神)のストレス状況

企業で働く障害者に関する障害者職業総合センターの調査によれば、約60%が職場でストレスを経験しており、上司・同僚とのトラブルや作業量の負担、仕事上の失敗が主なストレス要因となっています。知的障害者の55%がストレスを経験し、人間関係の問題や本音を言えないこと、仕事での失敗が主な原因となっていて、また精神障害者も人間関係に関連したストレスを経験し、「当事者に聞く精神障害者の就労における困難と支援に関する調査(山村りつ氏)」によれば感情や辛さを伝えられないことが精神的なストレスとなり、離職につながることが指摘されています。従来、従業員が仕事で感じるストレスは従業員自身で対処する必要がありましたが、近年では雇用主が従業員のためにストレスマネジメントと呼ばれるストレスへの適切な対処法や防止策を講じるようになってきています。その一つの方法として「涙活」は有効だと考えられます。

糸魚川市社会福祉協議会主催で涙活講演会
糸魚川市社会福祉協議会主催で涙活講演会
糸魚川市社会福祉協議会主催で涙活講座
糸魚川市社会福祉協議会主催で涙活講座
障害者福祉施設主催で涙活ワークショップ実施
障害者福祉施設主催で涙活ワークショップ実施

■泣く活動「涙活(るいかつ)」について

恋愛映画やドラマを鑑賞し、思いっきり泣いた後、「なんとなく心がスッキリし、明るい気持ちになれた」という人は、多いのではないでしょうか。

「涙活」とは意識的に泣くことでストレスを発散する方法です。人は、2分から3分ほど泣くだけでも、自律神経が交感神経(=緊張や興奮を促す神経)から副交感神経が優位な状態(=脳がリラックスした状態)へとスイッチが切り替わります。また泣くことで脳が癒され、たまったストレスをスッキリ解消することができるだけでなく、心の混乱や怒りがしずまり、敵意が軽減することが研究で明らかになっています。

さらに「涙活」は、メンタル面のみならずフィジカル面でも効果を発揮。泣くことで免疫力を左右するリンパ球が活性化し、体の中から病気の原因となるウイルスを撃退してくれます。また同時に、唾液などの粘膜に存在する免疫物質であり、免疫グロブリンの一種であるIgAの活動も高まり、目や口などから侵入するウイルスをブロックして感染症にかかるリスクを減らすため、さまざまな病気の予防に役立ちます。

日頃、“泣いてはいけない”と感情を押さえ込んでいる人が多いなか、「涙活」イベントでは、「なみだ先生」こと感涙療法士・吉田英史が“泣いてはいけない”という思い込みを取り去ってくれるので、遠慮なく誰もが号泣できる、またとない好機です。思いっきり泣くことでスッキリとストレスを解消し、リラックスし、免疫力を向上する機会に繋げていけるよう願っています。

共感して涙が出る仕組み
共感して涙が出る仕組み
ストレスホルモン「コルチゾール」の数値が涙活で大幅に減少
ストレスホルモン「コルチゾール」の数値が涙活で大幅に減少
涙活によって、ストレスが解消するだけでなく、心の混乱や怒り、 敵意も改善することがPOMSテストでわかっています。
涙活によって、ストレスが解消するだけでなく、心の混乱や怒り、 敵意も改善することがPOMSテストでわかっています。
自律神経が副交感神経が優位な状態に。一粒の涙を流すだけで一週間ストレス解消効果が持続。
自律神経が副交感神経が優位な状態に。一粒の涙を流すだけで一週間ストレス解消効果が持続。
副交感神経が活発になると免疫力が上がります。
副交感神経が活発になると免疫力が上がります。

■自分だけの泣きツボを見つけ、泣きやすい体質づくりを可能に

イベントでは、実際に涙を流してもらうことで、「涙活」を体験できる機会やノウハウを提供。恋愛もの、家族もの、動物もの、アスリートものなど、泣ける分野は人それぞれです。

泣きやすくするには、自分の「泣きのツボ」を知っているとよいでしょう。「泣きのツボ」は人によってそれぞれ異なります。人が何かに共感して泣くとき、その対象に自分の人生経験を投影して重なる部分で涙を流します。歩んでいる人生、皆さんそれぞれ異なるように、「泣きのツボ」も異なります。

家族もの、友情もの、子弟もの、動物もの、アスリートもの、あるいは大自然の風景に涙する人もいます。家族もの一つとっても、父と息子もの、父と娘もの、母と息子、娘、おじいちゃんもの、おばあちゃんもの等、泣きのツボは多岐にわたります。「泣きのツボ」はその人の根幹部分であり、成育歴や現在のその人の生活環境に影響を受けてつくられます。

またイベントでは、映像鑑賞や泣ける話創作ワークショップを通じて、自分だけの泣きのツボを見つけ、泣きやすい体質になれるコツを体得してもらいます。さらに家で簡単に実践できる「涙活」の方法についても伝授。「涙活」による感じ方の変化を参加者で共有します。

■イベント概要

主催:
NPO法人WLS(ワラス)障害者施設(就労継続支援B型)

日時:
2023年11月25日(土)10:00~11:30

場所:
BREAD LAND HOME GO ROUND(群馬県邑楽郡邑楽町中野4865-1)

対象:
知的障害者・精神障害者(発達障害を含む)

内容:
①涙の効能についての講義
なぜ泣くとストレス解消になるのかの仕組みを医学的エビデンスに基づいて解説します。
【ポイント】講義で「泣いてはいけない」という思い込みを外し泣きやすくします。

涙の効用について黒板やホワイドボードを使ってわかりやすく図解説明
涙の効用について黒板やホワイドボードを使ってわかりやすく図解説明
涙活をしやすくするめの環境づくりについて
涙活をしやすくするめの環境づくりについて

②感涙動画上映、絵本の読み聞かせ、手紙文の朗読
さまざまなジャンルの泣ける題材を使って参加者に涙を流してもらいます。
【ポイント】ジャンルは、家族モノ、恋愛モノ、友情モノ、動物モノ、アスリートモノと多彩。あらゆる角度から参加者の泣きのツボを刺激します。

様々な手段を使って泣いてもらいます
様々な手段を使って泣いてもらいます

③泣ける話創作ワークショップ
参加者に「○○への感謝の手紙」と題して泣ける話を書いて発表してもらいます。
【ポイント】多くの人が発表しながら泣き出し、それを聞いてる周りの人も号泣します。

泣ける話を書くときに、人は無意識に自分の泣きのツボを参照にして書き出します
泣ける話を書くときに、人は無意識に自分の泣きのツボを参照にして書き出します

④涙友タイム
涙活体験の気づきや感想、「どこで泣いたのか、なぜ泣いたのか」の話を参加者同士で共有します。
【ポイント】他人の泣いた理由を聞いて泣き出す人が続出します。

知らない人同士でも、自己開示をして、泣き出します
知らない人同士でも、自己開示をして、泣き出します

<吉田 英史(よしだ ひでふみ)プロフィール>

1975年生まれ。早稲田大学で心理学、教育学を学び、同大学院で人材マネジメントを研究。高齢者福祉施設、学校勤務を経て、現職に。高校教師時代に相談に来る生徒たちを見ていて相談中に泣き出す生徒ほど早く立ち直っていくことから「涙は人をスッキリさせて立ち直らせる効果がある」ことに注目していた。2013年から「涙活」をスタート。認定資格「感涙療法士」を医師、脳生理学者で、東邦大学医学部名誉教授の有田秀穂氏と創設。感涙療法士として、教育機関(生徒・先生・PTA向け)、医療機関(医師や看護師等の医療関係者向け)、福祉施設(利用者、職員向け)、企業、自治体において、涙活講演会やワークショップを実施。また『涙と旅カフェあかね』という❝泣ける❞カフェや『鎌倉涙活ツアー』という❝泣ける❞ツアーもプロデュース。精力的に「涙活」を使ったサービスも展開中。他には二ヵ月に一回、感涙療法士認定講座を有田氏と実施。現在290人の感涙療法士が日本各地で活躍している。
通称「なみだ先生」。主な著書に『涙活力 るいかつりょく』(玄文社)。

▼ なみだ先生HP:https://www.tearsteacher.com/
▼ 涙活HP:https://www.ruikatsu.net/
▼ 感涙療法士認定講座HP:https://www.ruikatsu.net/kanruiryohoshi
▼ 涙と旅カフェ あかね HP : https://www.ruikatsu.net/tearsandtravelcafe
▼ 鎌倉涙活ツアーHP:https://www.ruikatsu.net/kamakuraruikatsu

吉田英史 著書 涙活力 るいかつりょく
吉田英史 著書 涙活力 るいかつりょく

【涙活 参考WEB記事】

・鎌倉で「涙活」ワークショップ 泣いてすっきり、ストレス解消 (2022年7月15日 鎌倉経済新聞)
https://kamakura.keizai.biz/headline/487/

・「40代以上の男性を泣かせたい」 都内開催の“涙活セミナー”に記者が参加、会場で見た意外な光景とは?(2021年7月21日『アーバンライフメトロ』)
https://urbanlife.tokyo/post/62034/

・自分の「泣きのツボ」を知り、1週間に1回、涙を流そう (2020年2月18日『THE21オンライン』 メンタルヘルス特集)
https://shuchi.php.co.jp/the21/detail/7329

・泣くほどストレスに強くなる?「涙活」の魅力(2019年7月15日『商業界ONLINE』 サッポロビール社で社員に向けて涙活セミナー)
https://news.line.me/issue/oa-shogyokaionline/13430eac00d8

・30年泣いていなくても3秒で泣く方法教えます(2021年6月4日 『PRESIDENT 【プレジデント】』)
https://bit.ly/3TiszIr

・気軽に泣けるカフェとは? - “泣きの専門家”がはじめた優しい空間   (2019年3月27日『マイナビ』)
https://news.mynavi.jp/article/20190327-792105/

【涙活 参考映像】