北海道後志の美味しいを伝える【 後志美味撰 】第一弾は「積丹半島の風シリーズ」

小樽と北前船の歴史と文化を伝える小樽百貨UNGA↑

積丹の自然が生んだ無農薬ハーブのチカラ

小樽と北前船の歴史と文化をお伝えする小樽百貨UNGA↑(運営:うんがぷらす株式会社 〒047-0031小樽市色内2-1-20)は、2021年7月、北海道後志の余市町で育った無農薬ハーブを使った新商品『積丹半島の風シリーズ』の発売を開始いたしました。ハーブティとハーブソルトの各二種類です。

積丹半島の根元より日本海を臨む小樽の隣町、余市町。「積丹半島の風」は、此処で海をわたる風を受けながら、肥料や農薬を使わず自然の在り方に習った栽培方法でのびのびと育てられる無農薬のハーブを使い、効率や大量生産を目指すのではなく、作り手、使い手ともに優しく、未来の環境を思いながら心の通う循環を…と活動される余市福祉教育村の手仕事によって作られています。

小樽百貨UNGA↑

海運で拓けた街「小樽」から開運を願い、明治の初めに北海道初の営業倉庫として使われた旧小樽倉庫本庫に2019年ショップオープン。小樽と北前船が生んだ歴史と文化を伝えるセレクトショップです。今なお小樽に遺る歴史や文化を載せたオリジナル商品や地元クラフト作家の作品と併せて、かつての北前船寄港地のセレクト良品を取り扱います。1階はオリジナル商品と作家作品をメインで扱う店舗。2階は作品展を中心にしたアートギャラリーになっています。